Event is FINISHED

東京電力を追及し続けるジャーナリスト・木野龍逸さんが語る「原発事故〜残された取材課題とアプローチの方法」【フロントラインプレス主催】連続講座「取材ノウハウとメディアの将来」①

Description


【取材ノウハウとメディアの将来 】

第1回:2020年2月5日(水)午後7時
テーマ:「原発事故〜残された取材課題とアプローチの方法」

語る人:木野龍逸さん(フロントラインプレス)


東京電力福島第一原発事故。その発生から「10年目」が近づいてきました。しかしながら、第一原発では、今も深刻な状態が続いています。汚染水の放出問題や避難世帯への支援打ち切りなど、未解決問題もあり余っています。原発事故に関するマスコミ報道も激減する中、残された課題に取材者はどうアプローチしていけばいいのか。

原発事故を追い続けているジャーナリスト・木野龍逸さんが話します。

木野さんは事故直後から東京電力の会見に出続け、鋭い質問を連発したことで知られています。その会見記録を綴った「検証・原発事故 記者会見」シリーズは貴重な記録。その立ち位置からは「どんな残された課題」が映っているのでしょうか。その課題、あるいは原発事故に関連する取材アプローチの方法は? 余すことなく語ります。


【開催概要】

日時)
2020年2月5日(水)
午後7時〜8時半(開場午後6時半)

場所)
スマートニュース株式会社・本社2F
渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル内

主催)
取材記者グループ「フロントラインプレス」

参加)
定員70人=予約制・先着順 
参加費2000円(キャンセルの場合は返金できません)



【木野龍逸(きの・りゅういち)さんプロフィール】



フリーランスライター。フロントラインプレス所属。1990年代からクルマの環境・エネルギー問題について取材し、日経トレンディやカーグラフィックなどに寄稿。原発事故発生後は、オンサイト/オフサイト両面から事故後の影響を追いかけているほか、現在はネット媒体や雑誌などで幅広く社会問題をカバーしている。著書に「ハイブリッド」(文春新書)、「検証 福島原発事故・記者会見3~欺瞞の連鎖〜」(岩波書店)など。原発事故を伝えるニュースサイト「Level 7」に参画。


【連続講座「取材ノウハウとメディアの将来」とは】

激変が続くメディア界にあって、
新たな報道はどんなかたちを目指すべきなのか。
調査報道や深堀りルポの方向性は?
フロントラインプレスに集うジャーナリストらが
取材ノウハウを公開しつつ、
同時に「ジャーナリズムとメディアの次のかたち」を考えます。

ジャーナリズムやメディアの世界に関心のある方、
ぜひお運びください。
若い学生さんたちも大歓迎です。


【主催者】



フロントラインプレス(代表・高田昌幸)は「誰も知らない世界を 誰もが知る世界に」を掲げ、2019年春に発足した取材記者グループです。「調査報道」「深堀りルポ」などを軸に、新しいかたちの取材・報道、その組織づくりを目指しています。現在は約30人のジャーナリスト、カメラマン、編集者らが所属。スマートニュース株式会社の子会社「スローニュース株式会社」による調査報道支援プログラムの支援先第1号に選定されています。

活動内容などの詳細はフロントラインプレスのHPをご覧ください。


フロントラインプレスは「調査報道・取材手法の共有」に取り組んでいます。
下の写真は2019年9月に開いた「オープンジャーナリズム講座」。

















Wed Feb 5, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
スマートニュース株式会社 イベントホール
Tickets
「原発事故〜残された取材課題とアプローチの方法」 連続講座「取材ノウハウとメディアの将来」① SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F Japan
Organizer
フロントラインプレス Frontline Press
66 Followers