Event is FINISHED

SDGs x Ethical UX - 自分たちが描く世界の体験を考える in Fukuoka

Description
SDGsという言葉を見聞きしたことがあっても、それが自分たちにどう関わってくるのかをイメージできていはないのではないでしょうか?
SDGsは知識だけを得てもそれを自分ごととして考えるのは難しいかもしれません。
そこで今回は、SDGsの17の大きな目標を我々の世界が達成していく、現在から2030年までの道のりを体験する「2030SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」カードゲームをプレイして、まずはSDGsを体験します。
その上でゲームプレイをふりかえりながら、自分たちがつくりあげるサービス(体験)について考えてみたいと思います。

エシカル(ethical)という言葉があります。「倫理的な」「道徳的な」という意味ですが、その一般的な意味に加えて、地球環境や人、社会、地域に配慮した考え方のことを指します。
昨今、デジタルなサービスやプロダクトが世に溢れ、その社会的影響が語られる場面も増えてきました。サービスの倫理、道徳的側面。持続可能性、環境への影響。プライバシーやセキュリティ、人権の問題などさまざまな問題が語られています。これらの責任は誰が取るべきなのでしょうか?
サービスやプロダクトをデザインする上では、それらを利用するユーザー体験、その体験が引き起こす影響についても考える時が来ているのではないかと思います。
そのエシカル(ethical)なユーザー体験をどうデザインするのかを対話します。

SDGsとエシカル(ethical)、この二つは繋がっていて、両者をあわせて考えることで自分ごととして理解が進むものと考えていますので、両者、またはどちらかに興味・関心がありましたらご参加をご検討いただければと思います。


参考記事
そのUXは社会にどんな影響を与えているのか、エシカルな話。


目的とゴール
・SDGsを識る、体験する
・エシカル(ethical)UXを識る
・自分たちが描く未来の世界の体験を考える


プログラム
1. SDGs、2030SDGsカードゲームについて
2. 2030SDGsカードゲームを体験
3. ゲームをふりかえり
4. エシカル(ethical)UXとは
5. 自分たちが描く世界の体験を考え、対話する


ファシリテーター紹介
栄前田勝太郎(エイマエダカツタロウ)



有限会社リズムタイプ代表, デザインストラテジスト/株式会社デジタルステージCXO

様々なデジタルデバイスのUI設計/デザインに関わる一方で、企業の新規事業開発、プロジェクトやチームの改善・促進、また複数のコミュニティ運営に携わっています。 ワークショップデザイナー/2030SDGs 認定ファシリテーター/サイボウズ チームワーク総研コラボレーターとしても活動。
主な著書に「UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。」「Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント」がある。

プロフィール詳細
Twitter
note
Tue Jan 21, 2020
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
学生 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
福岡市博多区博多駅中央街8−1 Jrjp博多ビル 12F Japan
Organizer
リズムタイプ
152 Followers

[PR] Recommended information