震災と地図

Description
大規模災害が発生すると、被害状況を緊急に調査・把握するために空中写真が撮影されます。
そして、その空中写真から、建物・家屋の焼失倒壊、道路・鉄道の損壊等の現況を判読し、「災害状況図」や「緊急修正図」が作成されています。普段あまり目にすることのないものですが、被災地域の変化状況を把握するとともに、復旧・復興にも使用されます。

 今回のイベントでは災害状況図や緊急修正図を見ながら、【震災と地図】について元国土地理院の宇根 寛さんにご講演いただきます。地図から読み解く当時の状況、また、地震発生時に地図づくりの現場はどう動いていたのでしょうか。

 ご参加の皆様には、「阪神・淡路大震災 2万5千分1地形図 緊急修正版」、「新潟県中越地震 2万5千分1 災害状況図」を1枚ずつ差し上げます。

講師:宇根 寛さん
元国土地理院 地理地殻活動研究センター長。理学士。
お茶の水女子大学 文理融合AI・データサイエンスセンター 研究協力員。日本地図センター 客員研究員。

協力:NPO法人 地図文化研究会
Tue Jan 28, 2020
7:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
内外地図
Tickets
参加券 FULL
Venue Address
東京都千代田区神田小川町三丁目22 内外地図ビル6階 Japan
Organizer
地図専門店・内外地図
65 Followers