Event is FINISHED

SAKKA SONIC 2020(サカソニ'20)
人気作家たちが奏でる音楽の祭典!

Description

<出演者>

堂場瞬一 &PICABIA
誉田哲也&ザ・ストロベリーナイト
佐藤青南
譫言-uwagoto-

<日時>
2020年1月18日(土)
open 17:00 start 17:30

<場所>
名称 渋谷CHELSEA HOTEL 
住所 東京都渋谷区宇田川町4-7-B1
電話 03−3770−1567
☆東急ハンズ正面口の真向かいのビルの地下1F☆
http://www.chelseahotel.jp/access.html

<チケット代>
2800円(税込)
*当日、現地受付にてお支払いお願いいたします。

《出演者紹介》

堂場瞬一&PICABIA
(G堂場瞬一、松田行正、Vo&B米澤敬、D箕浦卓)
堂場瞬一 1963年生まれ。「ラストライン」「警視庁犯罪被害者支援課」「警視庁追跡捜査係」シリーズ等、著書多数。ギターに関するモットーは、「常にフルピッキング」「音はでかい方が勝ち」。PICABIAは結成30年のハードロック・ブルースロックバンド。

誉田哲也&ザ・ストロベリーナイト
(Vo&G誉田哲也)
誉田哲也が主宰するトリオ。楽曲はすべて誉田の作詞・作曲による。ドラムの野尻文は90年代、誉田と共に「BRAIN FACTORY」で活動。ベースの茅原秀行は幻冬舎の編集者だが、誉田とは仕事をしたことがない、純然たる音楽仲間。ご飯のお店に一番うるさいのは茅原。

佐藤青南
(Vo&G佐藤青南)
長崎県出身。1998年に単身上京し青葉紘季(aokado)らとともに『サラブレンド』を結成。いくつかのバンドを渡り歩きながら活動するも三十歳を目前に将来への不安に駆られ路線変更。執筆を開始する。それまでほとんど小説を読んだことがなかったためクイーンといえばエラリーではなくフレディ。第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞し2011年に『ある少女にまつわる殺人の告白』(宝島社)でデビュー。

譫言 -uwagoto-
(Vo&G岡崎琢磨、Ba明利英司) 
2018年結成。全楽曲の作詞作曲を岡崎琢磨(シリーズ210万部『珈琲店タレーランの事件簿』著者)が担当。ベースは『憑きもどり』が映画化で話題の明利英司。2019年1月、SAKKA SONIC 2019で初ライブ。10月、初の音源となるシングル『加害者エレジー/タイムライン』リリース。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#504121 2019-12-13 07:41:26
More updates
Sat Jan 18, 2020
5:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
SAKKA SONIC 2020 (サカソニ'20)人気作家たちが奏でる音楽の祭典! FULL
Venue Address
渋谷区宇田川町4−7 Japan
Organizer
幻冬舎大学
232 Followers

[PR] Recommended information