Event is FINISHED

真の働き方改革とは何か?労働生産性向上のカギは何か?について議論します。

Description
昨今、働き方改革が叫ばれていますが、残業時間短縮に矮小化されている感が否めません。本来目指すべきは、「早く帰ること」ではなく「労働生産性の向上」であり、イノベーションなくして実現は難しいとおっしゃっているのが、OECD東京センター所長の村上由美子氏です。
そのために私たちは何を考え、どのように変化すべきなのでしょうか。
イノベーションを生むためのリーダーシップについても皆様と議論してまいります。

■こんな方にお勧めです
・世界全体を視野に入れて仕事に取り組む方
・グローバルリーダー育成担当者
・チームや自身の労働生産性を高めたいリーダー

こんなことが学べます
◯真の働き方改革に必要なものは何か
◯イノベーションを生むメカニズムとリーダーシップについて
◯データでみる世界の労働生産性やイノベーションの現状

ゲストスピーカー:

村上 由美子(むらかみ ゆみこ)氏  OECD東京センター所長
上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。ビジネススクール入学前は国連開発計画や国連平和維持軍での職務経験も持つ。ハーバード・ビジネススクールの日本アドバイザリーボードメンバーを務めるほか、外務省、内閣府、経済産業省はじめ、政府の委員会で委員を歴任している。著書に「武器としての人口減社会」がある。

■ファシリテーター:

塚原 月子 (つかはら つきこ)氏  株式会社カレイディスト 代表取締役
東京大学経済学部卒業後、運輸省(現国土交通省)入省。ダートマス大学大学院エーモスタックスクールにてMBA取得。その後ボストン・コンサルティング・グループにて、組織及び文化のチェンジ・マネジメントやダイバーシティ・マネジメントに関するプロジェクトに従事。多くの多国籍企業、日本企業に対するコンサルティングを行ってきた。2015年より世界的な非営利組織カタリストの日本代表として、職場のインクルージョンを通じて女性のキャリア推進を支援。18年2月にアドバイザリー、コンサルティングサービス、研修、講演などのサービスを行う株式会社カレイディストを設立、代表取締役に就任。自身も、3児をもつ母親として、育児と仕事の両立を図るべく、働き方改革を実践している。

■スケジュール
18:00~  受付、レセプション(軽食とドリンクを用意)
18:30~  開会挨拶、ゲスト紹介など
18:40~  ゲストスピーカー講演(60分) 
19:40~  インタラクティブセッション(50分)
20:30  終了

※18時00分より簡単な軽食をご用意しております。お時間のある方は、どうぞお早めに
ご来場の上、セミナー開始まで参加者の皆様と意見交換やネットワーキングをしつ
つおくつろぎください。

■開催概要
日時:2020年1月29日(水) 18:00-20:30
開催場所:東京ガーデンテラス 紀尾井カンファレンス
募集人数:50名(事前申込制)
申込受付期限:2020年1月23日(木)13:00

右のチケットからお申込みください。
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済完了後の返金、振り替えはできません。







Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#505256 2019-12-18 02:55:33
More updates
Wed Jan 29, 2020
6:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ガーデンテラス 紀尾井カンファレンス
Tickets
事前決済チケット(3500円)返金不可 SOLD OUT ¥3,500
当日現金払いチケット(4000円) FULL
Venue Address
東京都千代田区紀尾井町1番4号 Japan
Organizer
IIBCグローバル人材育成プログラム
1,545 Followers

[PR] Recommended information