Event is FINISHED

Hack My Tsukuba 2019#3

Description
Hack My Tsukuba 2019 #3 開催のご案内

Hack My Tsukubaとは?
Hack My Tsukubaは、市民の市民による市民のための問題解決を目指している、オープンでフラットなディスカッションと解決策提案の機会です。地域の問題を「自分ごと」として考え、取り組んでみたいと思っている市民の皆さん、つくば市に通学・通勤する皆さん、ご自分のアイデアや技術を試してみたいと思う皆さん、いろいろな人と交流して、地域社会に役立つ解決策を一緒に考えてみませんか?

<開催概要>
開催日 :2020年1月25日(土曜日)
開催時間:午前10時30分 から 午後5時 まで(受付開始 午前10時00分 から)
開催場所:つくば市役所コミュニティ棟1階 会議室2,3 (つくば市研究学園1-1-1)
    【電車】つくばエクスプレス研究学園駅から徒歩7分
    【つくバス】作岡シャトル、吉沼シャトル、谷田部シャトル
※駐車場無料(車でお越しの方は、庁舎南側のお客様駐車場1又は庁舎東側のお客様駐車場2をご利用ください。)

<内容>
ワークショップ形式で、参加者自身が地域課題の解決策を考える取組みです。
第3回では、つくば市が保有するデータなどを使って、参加者が実際に分析作業をし、以下の地域課題の解決策を考えます。

第2回で取り組んだグループごとのテーマ例
・ひとり暮らし高齢者の困りごと解決
・シニアの知識や経験をこどもに伝えよう(多世代コミュニケーション)等

<申込み>
参加を希望される方は、「チケットを申し込む」からお申込みをお願いします。
※託児(無料)をご希望の方は、1月10日(金曜日)までに、その旨お書き添えの上、お申し込みください。

<申込み締め切り日>
2020年1月24日(金曜日)

<参加費>
無料 (イベント終了後の懇親会に参加の場合、別途¥1,000円(予定))

<参加資格>
どなたでもご参加いただけます。

<テーマ>
「誰もが取り残されず、自分らしく生きるまち」
次の未来像を見据え、主に高齢者福祉に係る課題の解決に取り組みます。
【2030年の未来像】
様々なコミュニティによる支え合いの中で、充実した医療や介護、必要な目配りや支援などの頼れる福祉が地域に行き届いています。一人ひとりが健康を大事にしながら、様々な場面で社会に参画し、生涯現役で活躍しています。

<プログラム(予定)>
○テーマ説明
○データに関する説明
~お昼休憩~
○グループディスカッション(データ分析作業含む)
※PCはこちらで準備したものを使用します。

○発表
※最後まで参加された方々に、協賛各社からの賞品を用意しています。
※イベント終了後に懇親会を開催します(希望者のみ。別途参加費1,000円(予定))

<持ち物>
昼食は、各自でご用意ください。

<公式サイト>
https://hackmytsukuba.wordpress.com/

<問い合わせ>
筑波大学公共イノベーション研究室
hkawashima.lab*gmail.com(*を@に変えてください)

<共催>
筑波大学公共イノベーション研究室・つくば市

※参加申込時に入力していただいた個人情報については不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。当イベントに関する情報収集以外の目的で利用することはありません。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#502913 2019-12-09 13:31:54
More updates
Sat Jan 25, 2020
10:30 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
つくば市役所コミュニティ棟1階 会議室2, 3
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
つくば市研究学園1-1-1 Japan
Organizer
Hack My Tsukuba
120 Followers