Event is FINISHED

12/2 若者の声から考える 「大学入試改革」緊急シンポジウム

Description

日本若者協議会では、2019年2月より、2019年7月の参議院議員選挙に向けて、「日本版ユース・パーラメント2019」などを通して、主要6政党に対し政策提言を行ってきました。300名近くの若者とともに「若者の政治参加」や「教育」、「社会保障」など約30の提言を行い、全党の公約掲載に成功しています。

今国会では、2019年11月1日に文部科学省が大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期を発表し、また新大学共通テストの国語・数学に出題される記述式問題にも政策議論が波及しています。
この大きな政策転換には、当事者である若者が間接的に関与していたことが報道されています。

そこで、この喫緊の政策課題である「大学入試改革」の理念と具体的な政策の是非、そして若者の声を政策に反映させるための効果的な方法を、今回の一連の事象を踏まえて議論する公開シンポジウムを開催いたします。

【開催概要】
■イベント名:若者の声から考える 「大学入試改革」緊急シンポジウム
■日程:2019年12月2日(月)17時〜18時(開場16時40分)
■開催場所:衆議院第二議員会館 一階 多目的会議室
東京都千代田区永田町2丁目1−2
■参加費:無料
■定員:100名程度
■対象:本テーマに関心のある方(年齢制限はありません)
■主催:日本若者協議会
■メディア:フルオープン

ニコニコ生放送で配信します
https://live.nicovideo.jp/gate/lv323122099

■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
16時40分 開場
17時00分 開会・趣旨説明・団体説明
17時05分 パネルディスカッション
17時45分 会場内質疑応答
18時00分 閉会

■登壇者
●国会議員
・柴山昌彦(衆議院議員/自由民主党/前文部科学大臣)
・鰐淵洋子(衆議院議員/公明党/公明党文部科学副部会長)
・畑野君枝(衆議院議員/共産党)

●有識者
紅野謙介(日本大学文理学部教授)
髙田忍(公益財団法人日本数学検定協会専務理事)

●若者
高校2年生 2名

コーディネーター:室橋祐貴(日本若者協議会代表理事)

■主なアジェンダ
・大学入学共通テスト「国語・数学」の記述形式問題導入の是非
・若者の声を政策に反映させるには


日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,100名となっています(2019年9月時点)。
https://youthconference.jp/


【取材・連絡先】
e-mail:youthcommissionjapan@gmail.com
facebook:https://www.facebook.com/YouthParliamentJapan
*取材希望の方は「メディア関係者」のチケットを購入してください(無料)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#500150 2019-11-29 11:15:40
More updates
Mon Dec 2, 2019
5:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
衆議院第二議員会館一階多目的会議室
Tickets
学生 FULL
社会人 FULL
関係者 FULL
メディア関係者 FULL
Venue Address
東京都千代田区永田町2丁目1−2 Japan
Organizer
日本若者協議会ー若者政策研究会
495 Followers
Attendees
48