第39回 日本臨床口腔外科医会(JACOMS)研修会 in 大阪大学中之島センター

Description

骨切りの科学 矯正科-口腔外科連携


顎変形治療の最前線

第39回 日本臨床口腔外科医会(JACOMS)研修会  



10:00〜12:00

大阪大学大学院歯学研究科
顎顔面口腔矯正学教室教授
附属病院副病院長
山城 隆



顎変形症治療に際して、矯正歯科医と口腔外科医の連携、特に様々な治療段階における情報の共有と意志の統一を図ることが、より安全で予知性の高い顎変形症治療の確立に重要です。一方、歯科矯正用アンカースクリューが保険収載されたことで、 Temporary Anchorage Deviceを併用した様々なメカニクスをそのまま顎変形症症例にも適用できるようになり、術前治療の予知性および精度の向上、時間短縮が図れるようになりました。特に、従来では困難であった臼歯部の圧下や、歯列全体の近心や遠心移動が可能となり、より理想的な咬合と整容の回復を目指すことができるようになってきました。

本研修会では、我々の取り組みを紹介するとともに、最近のデジタル化やAIが顎変形症治療に及ぼす影響についても述べてみたいと考えています。

12:00~13:00 休憩(昼食付き)


13:00~15:00

大阪大学大学院歯学研究科 口腔外科学第一教室
准教授 相川友直



口腔外科領域で増加傾向にある疾患の一つが顎変形症です。現在の顎変形症治療では咬合の獲得だけではなく、整容面、言語機能、顎関節機能および呼吸機能(睡眠時無呼吸症などの改善)を考慮した治療計画がなされるようになりました。一方で、下顎頭の変形や骨吸収を示す顎関節症(Osteoarthritis; OA) に伴う顎変形症をはじめ、治療に難渋する症例が増加傾向にあります。これらの難症例に対応するために、本邦の顎変形症治療が欧米より進化した点が口腔外科と矯正歯科の医療連携であるといえます。

本研修会では、われわれが取り組んでいる顎変形症治療で、咬合異常、顎変形、睡眠時無呼吸、先天異常疾患などがどこまで治せるようになったのか、その戦略や医療連携について、そして増加傾向にあるOAについて、現状を示させていただきたいと思います。


15:10~16:00 質疑、応答

16:30 懇親会9F交流サロン。

懇親会会費は会員外2000円(会員無料)


日程:令和2年4月12日(日)10:00~16:00 (懇親会 16:30~)

会場:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

定員:200名

※本講演に関心のある方はどなたでもご参加できます。
※先着順で定員になり次第締め切ります。
※入金後の返金はいたしません。

お申込み方法
※参加費のお支払いを、オンライン決済(クレジット・コンビニ)にてお願いします。
※なお、決済確認をもって参加確認証を送付させていただきます。

申込先:日本臨床口腔外科医会(JACOMS)事務局
〒661−0021
兵庫県尼崎市名神町1−11−1アビーロード名神1F いぶき歯科医院内

ご質問等は j-info@jacoms.gr.jp までメールにてお願いします。

第39回日本臨床口腔外科医会セミナーチラシ(PDF)



次回 第40回研修会のご案内

日程:平成令和2年9月6日 (日)10:00 ~ 16:00
口腔外科医への道:何を学び何を習得するか(大阪大学歯学部、近畿大学医学部等における歯科医師臨床研修プログラム)
講師:各大学:施設教員(仮題)
Sun Apr 12, 2020
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
歯科医師、医師 ¥12,000
その他 ¥5,000
JACOMS会員(無料)
懇親会:非会員 ¥2,000
懇親会:JACOMS会員(無料)

Combini / ATM payment will be closed at the end of Apr 11, 2020.

Venue Address
大阪市北区中之島4丁目3−53 Japan
Organizer
日本臨床口腔外科医会
377 Followers