Event is FINISHED

子ども・若者支援の代表が仙台に集結!!支援の今と未来を語る
〜どう組織を立ち上げ、協調・協働し、仲間を増やし、育てていくのか?〜

Description

子ども・若者支援の代表が仙台に集結!支援の今と未来を語る

〜どう組織を立ち上げ、協調・協働し、仲間を増やし、育てていくのか?〜


生まれながらの障がい、貧困、虐待、ネグレクト、不登校、ひきこもりなど、様々な困難を抱える子どもたち・若者に伴走、支援を提供しているNPO法人の代表が、仙台に集結します。

「だれもが、自分らしく地域で暮らせる社会」

を目指し、発達障害や不登校の子への個別学習塾や困難を抱えた子ども・若者の総合相談、障害のある方の生活支援・就労支援、障害児の発達支援、貧困家庭の子どもに対する学習と居場所支援など、地域に暮らす様々な方のニーズに沿った事業を展開している「み・らいず2」(大阪府)。

「どんな家に生まれても子どもが前向きに生きることができ、その生き方で誰かの支えとなれる社会」

を目指し、ひとり親家庭の子どもたちでも通いやすい学習塾の運営や、自治体から委託を受けて生活困窮世帯の子どもたちへの学習支援に取り組む「あっとすくーる」(大阪府)。

そして、地元宮城県より、どんな子ども・若者も支えるワンストップの相談窓口である「石巻圏域子ども・若者総合相談センター」をはじめ、経済的困窮、虐待、ネグレクト、障がい、疾患、不登校、ひきこもりなど様々な困難におかれる子ども・若者に伴走する支援に、宮城県が設置する「石巻圏域子ども・若者支援地域協議会」の指定支援機関として、アウトリーチ、夜の居場所、フリースクール等で取り組むと共に、行政・民間の垣根を超えて、地域で育んでいく仕組みをつくる地域づくりに取り組む「TEDIC」(宮城県石巻市)。

それぞれの代表である河内さん、渡さん、門馬さんより、原体験から組織の立ち上げについて、仲間や地域の巻き込み方、仕組みづくりについて、さらには今描いている未来について、語り尽くしていただきます。モデレーターは、「み・らいず」の人事を務めた後、全国の福祉事業所の人材確保・育成支援を行う一般社団法人FACE to FUKUSHIの事務局を立ち上げた池谷さんをお招きし、3人を知り尽くした仲間の視点から、深掘りしていただく予定です。

また、今回のゲストの皆様の共通点として、関西をベースに社会起業家育成を行ってきているNPO法人edgeに参加者やメンターとして関わっていらっしゃる、という点もあります。河内さんはその代表、渡さんはその過去参加者、池谷さんはメンター、などなどです。関西での社会起業家育成、成長のエコシステムについても学びつつ、東北でのさらなる「ココロイキルヒト」の活躍、成長にも活かしていければと考えています。

【日時】
2019年11月14日(木)
18:30開場、19:00〜21:30 開催

【スケジュール】
18:30 〜 開場
19:00 〜 はじめに
19:05 〜 イントロダクション:み・らいずの歩み、edgeの歩みと今回のメンバー紹介
       NPO法人み・らいず2代表理事 河内 崇典様
19:35 〜 トークセッション:子ども・若者支援の今と未来を語る
       NPO法人み・らいず2代表理事 河内 崇典様
       NPO法人あっとすくーる理事長 渡 剛様
       NPO法人TEDIC代表理事 門馬 優様
       モデレーター 一般社団法人FACE to FUKUSHI 池谷 徹様
20:45 〜 交流会
21:30   終了

【ゲストプロフィール】

河内 崇典

NPO法人み・らいず2 代表理事

大学在学中、障がいのある男性とそのお母さんとの出会いがきっかけとなり、み・らいずの前身となるガイドヘルパーサークルを1998年に設立。2001年、同サークルをNPO法人化し、代表理事に就任。大阪を拠点として障がい児・者、子ども・若者の支援活動を幅広く展開。2011年より災害時における福祉支援活動にも取り組む。また、社会福祉領域における課題解決・価値創造に挑む複数の社会的事業体の代表も務める。NPO法人edge代表理事、一般社団法人FACE to FUKUSHI共同代表、一般社団法人Collective for Children共同代表、近畿大学非常勤講師。

*み・らいず2ホームページ:http://me-rise.com/


渡 剛

NPO法人あっとすくーる 理事長

1989年熊本県生まれ。未婚の母子家庭で育つ。自身がひとり親家庭で育った経験を基に、大学3年生次にあっとすくーるを設立。ひとり親家庭の子どもたちでも通いやすい学習塾の運営や、自治体から委託を受けて生活困窮世帯の子どもたちへの学習支援に取り組む。公益財団法人あすのば評議員、NPO法人ブレーンヒューマニティー理事、NPO法人edge理事も務める。

*あっとすくーるホームページ:https://atto-school.com/


門馬 優

NPO法人TEDIC代表理事

1989年宮城県石巻市生まれ。石巻圏域子ども・若者総合相談センター長。早稲田大学大学院教職研究科修士課程修了。東日本大震災で故郷が被災、2011年5月にTEDICを設立(2014年にNPO法人格取得)。貧困、虐待、ネグレクト、不登校、ひきこもりなど様々な困難におかれる子ども・若者に伴走しながら、官・民の垣根を超えて、地域で育んでいく支援・仕組みづくりに取り組み、主に困難ケースへのアウトリーチを中心に子ども・若者に関わる。現在は、内閣府子供・若者育成支援推進のための有識者会議構成員、宮城県教育委員会地域学校協働活動評価・検証会委員、石巻市子ども・子育て会議委員、同市立蛇田中学校学校評議委員、公益財団法人子どもの貧困対策センターあすのばアドバイザー、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンアドバイザー、いしのまき市民公益活動連絡会議理事などを務める。

*TEDICホームページ:https://www.tedic.jp/


池谷 徹

一般社団法人FACE to FUKUSHI 事務局/ファシリテーター

大学卒業後、東京にて大手企業の新卒採用支援、大学生むけの就職支援に従事後、2011年から沖縄にて大学生が社会課題の解決に取り組む実践型インターンシップのコーディネートや大学と連携したキャリア教育、地域の中小企業や福祉法人の採用支援に取り組む。2014年から大阪にてNPO法人み・らいずの人事を務めた後、全国の福祉事業所の人材確保・育成支援を行う一般社団法人FACE to FUKUSHIの事務局を務める。全国の福祉法人が参加する就職フェアの企画運営や法人の採用支援業務・セミナーや、各地の福祉従事者向けの研修・ワークショップの企画運営を行う。

*FACE to FUKISHIホームページ:https://f2f.or.jp/

【会場】
INTILAQ東北イノベーションセンター
(仙台市若林区卸町2-9-1)
会場までの道のりはこちら
http://intilaq.jp/access/

【主催】仙台市/INTILAQ東北イノベーションセンター
【参加費】無料
【定員】50名

【お問合せ】
INTILAQ東北イノベーションセンター
mail: info@intilaq.jp
電話:022-357-0543
Thu Nov 14, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
仙台市若林区卸町2丁目9−1 Japan
Organizer
IMPACT Foundation Japan
1,731 Followers