Event is FINISHED

【SDGs×環境】気候危機の現実を知る(オンライン参加可)

Description
2019年10月に発生した台風19号は、過去最大級の規模とも言われ、私たちの生活に大きな爪痕を残す災害となりました。
この数年、日本だけを見ても規模や力を増した台風・豪雨・酷暑などのニュースは増え、異常気象はもはや異常というのかわからない程の頻度となっています。

最近では「気候変動」ではなく「気候危機」と呼ばれるようにもなってきており、世界で様々な異常気象で多くの被害が生じている中、これらの解決に向けては、今や新たな潮流とも言われるSDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)も大きな役割を担っています。

「Transforming Our World」(我々の世界を変革する)という強いタイトルを掲げたSDGsは、経済成長・環境保護・社会的包摂の3つの側面で持続可能な世界の実現をめざし、そのために緊急に必要な、大胆かつ変革的な手段をとることを決意し、「改善・改良・PDCA」といった現在の延長線をよくしていくといったレベルではなく、違う世界を作るほどのレベルでバックキャスティングの手法を用い、世界の変革を進めることとしています。

今回は、3つの側面のうち「環境保護」を取り上げます。


2019年10月2日・3日、アメリカのアル・ゴア元副大統領が来日され、同氏が立ち上げた気候危機に対して世界が力を合わせて解決策を創り出すこと等を目的としたクライメート・リアリティ・リーダーシップ・コミュニティのトレーニングが東京で開催されました。


本トレーニングの中には、アル・ゴア氏から実際に2時間半にも及ぶ気候危機のプレゼンを聴く機会があり、生々しい事例も紹介しながら、私たちに残されている課題は3つであると語られました。
・変えなければならないのか?
・変えることができるのか?
・変える意思があるのか?

私はこのプレゼンを聴き、起きている現実を知って衝撃を受けました。
そして、これは自分自身だけでなく、周りにも伝えていく必要があると感じ、今回、アル・ゴア氏が実際にプレゼンで使用する資料を用いて、気候危機の現実を紹介しながら環境について考えるきっかけを作る機会を設けることとしました。

SDGsや環境にほんの少しでも関心のある方は、ぜひご参加いただけたらと思います。

-------------

【日時】
 11月7日(木)19:00~21:30

【場所】
 東京駅・秋葉原駅近郊予定
 (参加人数が読めないため、人数に応じて会場を手配して参加者に別途案内します)

【参加費】
 直接参加  4,000円
 オンライン 3,000円

【内容】
 アル・ゴア氏のプレゼン資料を用いて、気候危機の現実をシェアします。
 ・様々な事例とそれが生じる背景
 ・変える必要があるのか?
 ・変えることができるのか?
 ・変える意思があるのか?

 ※本セッションはインプット中心となります
  (プレゼン時間が約2時間)

-------------

【主催者/ファシリテーター】


Gift&Share合同会社代表
佐藤 彰(Akira Sato)
・2030SDGs公認ファシリテーター
・SDGs de 地方創生公認ファシリテーター

3つのSDGsカードゲームのファシリテーターとして、主に大企業を中心に、省庁、自治体、大学、高校等からオファーをいただき、100回近く2,000名以上を対象にカードゲームを用いたSDGsワークショップ(研修)を開催。
企業人事の経験から、SDGsの理解促進の他に、リーダーシップ・コミュニケーション・組織開発等の研修に強みを持ち、SDGsワークショップと合わせて上記テーマを実施するケースも多い。
2030SDGsファシリテーター養成講座のアセッサーも務める。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#486710 2019-10-23 06:13:16
More updates
Thu Nov 7, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京駅・秋葉原駅近辺予定(参加人数見て会場手配)
Tickets
一般 SOLD OUT ¥4,000
オンライン参加 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
参加者に別途ご案内 Japan
Organizer
Gift&Share合同会社
260 Followers