Event is FINISHED

RHYTHM時計デザインアワード・プロダクト部門 表彰式&トークショー / リズム時計工業株式会社

Description
時計メーカーのリズム時計は、クロック時計の新たな価値観を創造するために、 初のアワード『RHYTHM時計デザインアワード2019』を開催。商品化を目指すプロダクト部門では、10月に受賞作品が決定し、「DESIGNART TOKYO 2019」のプログラムとして、ifs未来研究所にて受賞作品の展示を行います。

作品展示期間中の10/19(土)16:30より 『RHYTHM時計デザインアワード2019』の受賞者の表彰式と、当アワードの審査員である川上典李子氏、小泉誠氏によるトークショーを行います。また受賞者による作品のプレゼンテーションも予定しております。

=イベント概要=
開催日時:2019/10/19(土)16:30~18:00(16:15より受付開始)
参加費用:無料

■登壇者プロフィール(敬称略)
川上典李子(デザインジャーナリスト)
デザイン誌「AXIS」編集部を経て1994年に独立。企業、デザイナーの取材を続け、国内外の媒体、デザイナーの作品集等に多数寄稿。日本での主な著書には、『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)、共著に『ニッポン・プロダクト』(美術出版社)、『ウラからのぞけばオモテが見える』(佐藤オオキ氏との共著、日経BP)など。
2007年より、21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクター。ほかにもデザイン展の企画に関わり、国際交流基金主催「WA——現代日本のデザインと調和の精神」展(2008年)や「Japanese Design Today 100」展(2014年)、「London Design Biennale 2016」日本公式展示キュレトリアル・アドバイザー、2018年、パリ装飾美術館「Japon-Japonismes. Objets inspirés, 1867-2018」ゲストキュレーターなど。グッドデザイン賞審査委員も務める。

小泉誠(家具デザイナー)
1960年東京生まれ。
木工技術を習得した後、デザイナー原兆英と原成光に師事。1990年Koizumi Studio設立。2003年にデザインを伝える場として「こいずみ道具店」を開設。建築から箸置きまで生活に関わる全てのデザインを手がけ、日本全国のものづくりの現場を駆け回り地域との恊働を続けている。2015年には「一般社団法人わざわ座」を立ち上げ、手仕事の復権を目指す活動も行なっている。
2005年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授
2012年 毎日デザイン賞
2015年 日本クラフト展大賞
2018年 JIDデザインアワード大賞

=アワード概要=
『RHYTHM時計デザインアワード2019』プロダクト部門
作品応募期間:2019年4月1日(月)~7月18日(木)
テーマ:「あしたのRHYTHM(リズム)」
人との関係性、場との関係性を紡ぐ、時計というプロダクトの意味・価値を向上させる、
または再定義するようなクロックの提案。

賞:
大賞(1名)賞金100万円
優秀賞(2名)賞金30万円
入選(4名)賞金10万円

審査員:
川上典李子(デザインジャーナリスト)
小泉誠(家具デザイナー)
鈴野浩一(建築家/トラフ建築設計事務所)

URL:https://compe.japandesign.ne.jp/rhythm-award/

主催:リズム時計工業株式会社
https://rhythm.jp/

協力:株式会社JDN
https://www.jdn-inc.co.jp/
Sat Oct 19, 2019
4:30 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ifs未来研究所(Itochu Garden 2F)
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都港区北青山2-3-1 Japan
Organizer
リズム時計工業株式会社
7 Followers