Mini MakerCon Tokyo 2019 日本のメイカーコミュニティの自立のために

Description
~Maker Faireの出展者のためのカンファレンス~

 8月に開催されたMaker Faire Tokyo 2019には、過去最大の出展申し込みがありました。日本のメイカーコミュニティは、着実な広がりを見せています。しかし、5月に報じられたMaker Faire Bay Areaの当面の開催中止、Maker Faireのライセンス元であるMaker Media社の活動停止など、全世界のメイカームーブメントを先導してきた米国を中心に、Maker Faireに転機が訪れているのも事実です。

 本カンファレンスは、8月のMaker Faire Tokyoで行われたパネルディスカッション「Maker Faireを持続可能にするには?」の議論を発展させ、これまで米国を「本家」として、それに追いつこうとしてきた日本のMaker Faireのあり方を見なおし、メイカーコミュニティを持続可能にすること、そのためにコミュニティに新規に参加する人々を増やす方法、可能であれば、独自の文化を持つ日本のコミュニティが、世界のコミュニティに貢献する方法を話し合います。

 「Maker Faireを持続可能にするには?」の議論は、今村勇輔さん(@yimamura)によって、鼎談「Maker Faireを持続可能にするには?」#MMFS2019 にまとめられています。今回のカンファレンスにて議論してほしいこと、提案などあればハッシュタグ#MMFS2019にて、ツイートしてください。

 作ることの楽しさをホビーとして追求するメイカー、起業を考えるメイカー、そしてSTEAM教育にメイカームーブメントの成果を取り入れたいという方々が共存するコミュニティ作りに、Maker Faireが貢献する方法を話し合うきっかけになることを期待しています。

【テーマ】
 (1)日本のMaker Faireの持続可能性
 (2)未来のメイカーを育てるために

【タイムテーブル】
 ●13:30-14:00 開場・受付
 ●14:00-14:05 主催者挨拶(オライリー・ジャパン)
 ●14:10-15:25 セッション(1)未来のメイカーを育てるために
 コミュニティを発展させるために重要なことは、新しいメンバーが継続して参加することです。このセッションでは、Young Maker(学生メイカー)をはじめ、あらゆる年代の方々がメイカーとしてのスキルを身に付けるための方法(主に教育)と、メイカーコミュニティが新しい参加者に開かれたコミュニティであり続けるために必要なことをさまざまな角度から議論します。

   <登壇者>
     石川大樹(デイリーポータルZ)
     今野恵菜(山口情報芸術センター[YCAM]/乙女電芸部)
     新村彰英(中学校技術科)
     阿部和広(青山学院大学大学院)
     久保田晃弘(多摩美術大学情報デザイン学科)
     城一裕(九州大学大学院芸術工学研究院/山口情報芸術センター[YCAM])

●15:35-15:55 ライトニングトーク「Maker Faire Tokyoで起こったこと」
 Maker Faire Tokyoに出展して、会期中、または会期終了後に起こったことを共有していただきたいと思います(5分)。申し込みはカンファレンスへの参加申し込み(チケット購入)後にinfo@makejapan.orgにメールにて、「Mini MakerConライトニングトーク希望」という件名にて、お名前、ライトニングトークの概要(100文字未満)にてご連絡ください。当日はPCを使用することはできません。また、事前申し込みに余裕があれば、会場でも申し込みを受け付けます。

●15:55-16:05 休憩

●16:05-17:20 セッション(2)Maker Faire Tokyoを持続可能にするには? #2
 8月の「Maker Faire Tokyoを持続可能にするには?」(レポート記事)にて、「Maker Faireの価値は、参加者の人数や利益などの『数字』」では表しにくい」という課題が浮き彫りになりました。8月のセッションの続編とも言うべき本セッションでは、新しい登壇者の方をお招きし、数字で説明できない価値をどう説明するのか、また出展者にとってのMaker Faireの価値とは何かを議論し、Maker Faire Tokyoの持続可能性についての議論をより深めていきます。

   <登壇者>
     岡本強(デンソー D’s Maker College)
     林雄司(デイリーポータルZ)
     矢島佳澄(乙女電芸部)
     久保田晃弘(多摩美術大学情報デザイン学科)
     小林茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS])

●17:25-17:55 クロージングセッション

<開催概要>
名称:Mini MakerCon Tokyo 2019 日本のメイカーコミュニティの自立のために
日時:2019年11月2日(土)14:00〜18:00(受付開始 13:30)
会場:ステーションコンファレンス万世橋 アクセス
定員:130名
料金:一般/1,200円、学生/600円(税込)
※学生=大学(大学院)生・専門学校生以下
  入場時には、学生証の提示を求める場合がございます。
主催:株式会社オライリー・ジャパン


<チケット購入についてのご注意>
・定員に達しましたら、販売を終了いたします。キャンセル待ちはございませんので、あしからずご了承ください。
・お申し込み後のキャンセル、及び返金はお受けいたしかねます。
・領収書がご入用の方は、Peatixの領収書データをダウンロードしてご利用ください。
・ご購入後、チケット枚数の変更やチケットの種類を変更することはできません。
・代表者の方が複数枚を購入される場合、チケットは全員分共通で1枚となります。当日別々に受付をされたい場合は、チケットの譲渡を行うか、各自1枚ずつご購入ください。
・はじめてPeatixをご利用になる方は、Peatixについてをご覧ください。
・お申し込み方法(チケットの入手方法)でわからないことがあれば、Peatixのへルプページをご利用ください。


<来場についてのご注意>
・ステーションコンファレンス万世橋4FのMini MakerCon Tokyo 2019受付まで直接お越しください。

<個人情報の取り扱いについて>
お申込時に提供いただいた個人情報については、イベントの主催者であるオライリー・ジャパンが「イベントへのご来場に関する連絡」の目的で当社規程にもとづき管理・使用させていただきます。

オライリー・ジャパン 個人情報の扱いについて
 個人情報に関するお問い合わせ先:info@makejapan.org

Peatixの利用に関する利用規約や個人情報に関するプライバシーポリシーについては、こちらをご参照ください。

<撮影等について>
・本イベントの模様は、主催者が静止画、動画などで撮影し、主催者のウェブサイトやその他のウェブサイト、SNSなどで公開されることがあります。あらかじめご了承ください。
・メディアの取材が行われることがあります。あらかじめご了承ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#479619 2019-10-04 01:32:37
More updates
Sat Nov 2, 2019
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券(一般) ¥1,200
入場券(学生) ¥600

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 1, 2019.

Venue Address
千代田区神田須田町1丁目25 Japan
Organizer
Make: Japan(オライリー・ジャパン)
1,182 Followers