Event is FINISHED

Oxford大学における知財戦略と大学発スタートアップの現状
~テムズバレー地域のエコシステム~

Description
国際的なベンチャーエコシステムを確立するには、大学・研究機関と産業界の連携が不可欠です。
そこで本セミナーでは、Simon氏にはオックスフォード大学の知財の商業化、産学連携 によって創出された成功事例、また江口氏には急成長しているオックスフォード大学周辺地区・テムズバレーの現状についてお話いただきます。

日本はどのような産学連携の形を目指していくべきなのか、大学発知財をどのように活用していくのか、また英国との連携の可能性などについて 知見を得る機会になればと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
オックスフォード大学における知財戦略と大学発スタートアップの現状
       ~テムズバレー地域のエコシステム~
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開催日:2019年10月10日(木) 14時~16時
場 所:大阪イノベーションハブ
主 催:Oxford University Innovation
共 催:大阪イノベーションハブ
協 力:大阪商工会議所、公益財団法人大阪産業局、一般社団法人関西経済同友会、
    グローバルヘルス・イニシアティブ
企画運営:KAHMジャパン株式会社 
参加費:無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
14:00 開会
14:05 Oxford University Innovation(OUI)活動についての紹介(逐次通訳)
     Mr. Simon Gray(Head of Marketing)
      *英国における大学発知財の商業化
      *オックスフォード大学およびOUIの概要
      *オックスフォード大学発スタートアップの成功事例
      *OUIの事業活動
      *OUIと企業との連携
      *質疑応答

15:00 英国 急成長するテムズバレー地域の現状
    江口・ベイコン昌子氏(OBM 代表取締役社長 / テムズバレー商工会議所 ジャパンデスク代表)
      *テムズバレー地域の紹介
      *TVCC(テムズバレー商工会議所)の紹介
      *関西とテムズバレーの地域連携
      *大阪商工会議所とのコラボレーション
      *質疑応答
15:30 ネットワーキング
16:00 閉会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           登壇者の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Simon Gray

(Oxford University Innovation / Head of Marketing)


Simon is responsible for OUI’s marketing and communications activities, working closely with colleagues in the University and the wider Oxford ecosystem to create awareness and opportunities for engagement with researchers, industry, investors and key influencers in the media and government. He has spent more than 25 years in technical, commercial and management roles encompassing design, business development and marketing.

After working as an electronics design engineer in the telecoms sector, Simon joined the semiconductor industry where he introduced leading edge products from Japanese multinationals to European markets, incorporating complex IP using advanced design processes, managing global projects and teams. In his role at OUI, Simon promotes technology and expertise from Oxford, focused on building a world-leading innovation ecosystem with Oxford University at its heart.

■Dr Chandra Ramanujan

(Oxford University Innovation / Licensing & Ventures Manager)












■江口・ベイコン昌子

OBM(Oceanbridge Management Ltd. )代表取締役社長
          / テムズバレー商工会議所 ジャパンデスク代表)

神戸市出身。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。

日本の大手飲料メーカーにて貿易業務を担当後、米国上場企業Ingram Micro Inc.日本代表に就任。後に渡英、同社英国本部にてシニアレベルのプロジェクトマネジメント及びサプライチェーンマネジメントを担当、欧州主要各国の担当者との折衝、欧州レベルでのプロジェクト立案・運営を行う。

担当業務を通じ多くの欧州・英国・日本の企業と関わる中で「国際ビジネス成功の第一歩は、異文化理解だけではなく、お互いの存在を知り、正しく理解することである」と確信。その橋渡し役を自らが直接担いたいと考え、2010年「―Transforming the unknown into success—未知から成功へ」をビジョンとするOBM (Oceanbridge Management Ltd.)を設立。

さらに日英間のビジネス機会創出のための“エコシステム”の必要性を痛感し、2012年からは“国を越えた地域間連携”の推進にも精力的に取り組み始める。その成果のひとつが、2014年に仲介役を担った、テムズバレー・大阪両商工会議所間のMoU締結である。現在テムズバレー商工会議所ジャパン・デスク、大阪商工会議所プロジェクト・コーディネーター(経済産業省委託事業コーディネーター)を兼任している。

在英歴15年。日本語・英語の完全バイリンガルであると共に、日米英企業での豊富な実務経験を持ち、両国のビジネス習慣やマーケットに深く精通。英国に根差しながらもそれを感じさせないほど日本的な細やかさを大切にした“痒いところに手が届くサービス“がモットー。一方で、足で情報を集め人と会い、妥協なく取り組む仕事ぶりは日本のお客様から絶大な信頼を得ているほか、英国人から”サムライ・マサコ“の異名で絶賛されたこともある。

英国人の夫、2児と共にロンドン郊外在住。週末は地元の女子ラグビーチームのメンバーとしても活躍中。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#474422 2019-09-19 13:30:20
Thu Oct 10, 2019
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
3-1, 大深町, 北区 大阪市 Japan
Organizer
KAHMジャパン株式会社
41 Followers