Event is FINISHED

SSF 2019 Acoustic pop NIGHT - I am Soyuz - Hitomi Yoshimura - Alone and me

Description
Open : 18:30 - Start 19:00

19:00 - I am Soyuz (Sweden)
20:00 - Hitomi Yoshimura (Japan)
21:00 - Alone and me (France)

チケット代金 - Tickets infos
Adv : 1,500 円 (Peatix)
Door : 2,000 円

I Am Soyuz (Sweden)
https://www.youtube.com/watch?v=lls-jBGO2Ms

シンガー・ソングライター/ポップス
ストックホームを拠点に置くシンガー・ソングライターとマルチ・インストラメンタリストであるI Am Soyuzは、期待のポップス系の新人アーティストです。魅惑的な女性ヴォーカル、ぼんやりとしたフォーク・ミュージックと浮遊する歌詞による緩やかなサウンドを融合する彼女は、心地よいヴァイブに溢れるフォークに染まった、とても美しいポップ・ミュージックを創造しています。
彼女のデビュー・アルバム『Whipple』は、冒険旅行をしている最中に作曲されました。テキサス州の国境沿いにあるメキシコの病院から始まり、ニュー・オーリアンズでのヒッピー・ジャーニーへと続き、彼女はネバダ州の砂漠に辿り着きました。その後ローマで大道芸人として1年間活動を行い、後ほどスウェーデンの極圏に訪れ、馬小屋で居候し、最終的にはブタペストのドナウ川の土手に辿り着き、そこで彼女の音楽の人気が出始める。結局のところ、彼女はストックホームに到着し、極めて優美な自由と、忘れられた恋人達のメランコリーに溢れる物語に満喫したアルバムの制作に取り掛かりました。
「ホイップル手術」を参照している「ホイップル」という言葉は、多くの内臓器官が取り除かれ、再結合する侵略的な手術で、彼女の世界に対する、正直な告白を象徴する言葉であり、実際に彼女は医者として働いている事を引用しています。

The Stockholm based multi-instrumentalist and singer-songwriter I Am Soyuz is an up and coming pop act combining the calm sound of mesmerising female vocals with a haze of folk music and dreamy lyrics creating beautiful piece of folk-tinged pop with a feel-good vibe.
Her debut album "Whipple" was written during a period of adventurous travel. Beginning in a Mexican hospital on the boarder to Texas, continuing to a hippie journey in New Orleans, through the deserts in Nevada. This lead to a year busking in Rome all the way to the polar circle in Sweden where she temporarily lived in a horse stable, finally arriving on the shore of Danube in Budapest where her music took off. Eventually landing in Stockholm she set to work on an album soaked in the etheral freedom as well as the melancholic stories of forgotten lovers.
The term Whipple refers to “Whipple procedure” an invasive surgery in which a lot of the internal organs are removed and recombined, symbolising her honest confession to the world, playing with the fact that she works as a medical doctor in her non-musical life.


吉村瞳(よしむら・ひとみ)- Hitomi Yoshimura
https://www.youtube.com/watch?v=f393x_ogfO8
1984年8月27日 愛知県生まれ。14歳のとき友だちの影響でエレキギター、18歳でスライドギターをはじめる。ヴォーカリストとなるのは22歳。女性アコースティック・ユニット / Red Dirt Boogie Sisters を結成。ラップ・スティール・ギターをはじめたのは26歳。2014年からはソロとパーカショニスト小笠原友子とのデュオで全国各地でライヴ活動を行う。2018年、活動のベースを東京へと移し、ソロとしての活動に重点をおく。
アコースティックギターによるボトルネック、ラップスティール、リゾネイト・ギターを使い分け、アメリカ南部サウンド(スワンプやブルース)に根ざした音楽、ネイティヴ・アメリカンの音楽に影響を受けたロックンロールをソウルフルに歌いあげる。他方、ルーピングマシンやハーモナイザーなどを駆使し、ソロ・パフォーマンスでも彩りのあるサウンドを奏でている。
Born in 1984 in Aichi Prefecture, she started to play guitar at the age of 14, and started to sing at 22 years old. Formed female acoustic unit / Red Dirt Boogie Sisters. I started rap steel guitar when I was 26 years old. Since 2014, he has performed live throughout the country as a duo with solo and percussionist Tomoko Ogasawara. In 2018, the base of activities will be moved to Tokyo, with emphasis on solo activities.
Uses acoustic guitar bottleneck, rapsteel and resonant guitar, and sings soulfully rock and roll inspired by Southern American sounds (swamp and blues) and native American music. On the other hand, he uses a looping machine and a harmonizer to produce a colorful sound for solo performances.

Alone and me
https://www.youtube.com/watch?v=xPeroctICR8

Alone And MeはEmilie Clemのプロジェクトであり、また2012年に発表したデビュー・アルバムではっきりと表明したように、彼女自身の“最高なプロジェクト”です。
この1作目は、彼女の忠実なライヴのサウンド・エンジニアであるAntoine Dermaut(The Versus、Pro Pain、Zuul X)の支援の元で、DIY流で宅録されました。この若いアーティストは本作の制作ではロックからエレクトロへ、心の奥に秘めている感情から音波の爆発などの変化に対応出来る才能を持っている事が明かされ、すべてを大した自信と深く感動させる感性で貫いています。この数年間、シンガーソングライターで、モンピリエ出身である彼女は、ほぼ単独でステージに立ち、ヨーロッパ中(フランス,ドイツ、スイスとベルギー)で百回以上の公演を重ねています。パフォーマーとしての名声を構築し、彼女の一つ一つの公演がリアルな経験である事を証明しています。
弦楽器のカルテットと共演と楽曲制作の夢を果たした後、Alone and Meは自身の強烈な個性の持ち主である事を証明する、フランスの音楽界に混乱を招く新しいEP「Harmony」のリリースで復活を遂げました。
Emilieは慣れ親しんでいる方法で独りで歌い、作曲し、全楽器を演奏しつつ、編曲家であるGuillaume Lefebvreの手助けを受け、パリのStudio de la Seineでプロデューサー、Franck Redlich (Tarmac、Christophe, Sebastien Tellier)の元でこの新作EPを手がけました。


Alone and Me is Emilie Clem’s project, her “Fucking Project” as she used to state it loud and clear on her first album in 2012.
This first album, recorded in her living-room in DIY mode with the help of her loyal live sound engineer Antoine Dermaut (The Versus, Pro Pain, Zuul FX), had revealed a young artist that was able to switch from rock music to electro, from intimate feelings to a sonic blast, all this with some authority and deeply moving sensitivity. These last years, with about one hundred concerts throughout Europe, (France, Germany, Switzerland, Belgium), by herself on stage most of the time, the singer- guitarist, native of Montpellier, has built a reputation as a performer, making each one of her concerts a real experience.
After living the dream of recording a song with a string quartet, Alone and Me is back with “Harmony,” a new EP which confirms this artist’s intense personality and creates a disruption in the French musical landscape.
As she is used to, Emilie sings, writes and plays most of the instruments but she also gets help from Guillaume Lefebvre for the arrangements and from Franck Redlich (Tarmac, Christophe, Sébastien Tellier) to produce this new EP in the Studios de la Seine in Paris.
Sat Oct 5, 2019
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Test Flight
Tickets
Advance tickets SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都渋谷区渋谷3-1-9 Japan
Organizer
EVAN WISH - エヴァン・ウィッシュ
1,317 Followers