Event is FINISHED

武蔵野美術大学公開講座2019「スタートアップにとってのデザインとアートの意味」

Description
■開催趣旨:
武蔵野美術大学では、広く社会の方々に向けた公開講座を開講します。

■概要:
新規ビジネスのスタートアップ、社会問題解決型のスタートアップ、企業内でのスタートアップなど多様なスタートアップの形がありますが、スタートアップにおけるデザインやアートの重要性が⾼まっています。
今回の公開講座では「スタートアップにとってのデザインとアートの意味」をテーマとして、スタートアップ⽀援を実践している孫泰蔵⽒(Mistletoe(株)Founder)に基調講演をしていただきます。
また、後半では、武蔵野美術⼤学⼤学院クリエイティブリーダーコースのメンバーによるスタートアップ提案に対して、孫泰蔵さんによるアドバイスをしていただきます。
多くの皆様の参加と発表を歓迎致します。


「スタートアップにとってのデザインとアートの意味」
■⽇時:9 ⽉30 ⽇(⽉)18:30-21:00(18:00開場)
■場所:武蔵野美術⼤学市ヶ谷キャンパス7階
■住所:東京都新宿区市谷田町1丁目4(JR市ケ谷駅より徒歩3分)
■主催:武蔵野美術⼤学
■参加費:一般 2000円、大学生/高校生(無料ですが申込が必要)

■プログラム:
18:30-19:30 講義(孫泰蔵氏)
19:30-19:50 質疑応答
20:00-20:50 本学⼤学院生からのスタートアップ提案と孫泰蔵氏によるアドバイス
・赤木謙太 「Fu(風)」
・久々江美都「脳内ビジュアライザー」
・郡祐太郎 「metamorphosis fashion」
・塗木拓郎 「nullメディア」
・齊木悠太 「対話空間」
・横山陽子 「凸凹ラブ」
・山本薫  「ピアノ傘」
・石黒大洋 「暮らし丸シェア」


=========================================
■講師プロフィール:孫泰蔵
世界を代表する連続起業家でありIT 関連スタートアップを多く成功させた投資家。
現在はスタートアップの育成を通じ、中⻑期視点で社会課題を解決するCollective Impact Communityという新業態を標榜するMistletoe(ミスルトウ)のFounderとして、社会課題の定義および、それら課題を解決しうるスタートアップ形成に尽⼒する傍ら、複数のITスタートアップで役員も兼務し、数多くのスタートアップを成功へと導いている。

=========================================

※ 申込なしの場合、当日ご来場いただいてもご入場いただけません。
※ 大学生以下の方は、受付で学生証をご提示ください。
※ イベントのプログラムは予告なく変更、中止となる場合がございます。また、原則としてご購入いただいたチケットのキャンセル、払い戻しは致しかねます。予めご了承のうえご購入ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#474933 2019-09-21 02:51:36
More updates
Mon Sep 30, 2019
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
大学生以下 FULL
Venue Address
新宿区市谷田町1丁目4 Japan
Organizer
ソーシャルクリエイティブ研究所
569 Followers
Attendees
120