<10月2日(水)東京・赤坂開催>アンコンシャス・バイアストレーニング体験会×株式会社オカムラ

Description

 ダイバーシティ推進施策をやっても成果がでない。
 その原因は、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)かも?

 ダイバーシティや女性活躍推進を効果的に進める上で重要なカギとなるのが、アンコンシャス・バイアストレーニングです。アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とは、自分自身が気づいていないものの見方や、捉え方のゆがみ・偏りのこと。

 考える以前に瞬時にかつ無意識に起こる知的連想プロセスの一つであり「高速思考」ともいえます。誰もが何らかのアンコンシャス・バイアスをもっており、それ自体が直ちに関係性に悪影響を与えるわけではありません。問題は、そのような無意識の関連づけが相手に影響を与えネガティブに作用することにあります。

 今回、開催場所はオカムラWORK MILL(ワークミル)プロジェクトが運営するセッションスペース『Open Innovation Biotope “Sea”』。 Seaは組織や社会のかかえる課題を解決するサイクルを回すための様々な活動を育む場であり、これからの「はたらく」のヒントを得るための様々なイベントを開催しています。

 働き方改革の中にも多くのアンコンシャスバイアスがあります

 アンコンシャス・バイアスは個人や組織の中に様々な形で存在しています。
今話題の「働き方改革」の取り組みをみても、「うちの職場では無理」「在宅ワークが増えるとコミュニケーションが悪くなる」「どんな時も残業してはいけない」など、思い込みや決めつけ、価値観のおしつけなどが、取り組みの阻害要因となっていることが少なくありません。働き方改革に潜むアンコンシャス・バイアスをうまく取り扱うことで、本来の目指す成果を手にすることが可能となります。

 本体験会では、アンコンシャス・バイアスの基本的な知識・トレーニング活用の留意点やポイントを学んで頂き、体験会の終了後には企業や団体・学校などでトレーニングを導入するにあたっての相談会の時間を設けておりますので、ダイバーシティ推進に関してお悩みの方もお気軽にご相談ください。

多様性に対する学びを深めるツールとして、職場でのイベントや研修、ワークショップなどでご活用頂くこともで可能です。(ご自身のコンテンツとして組織内外に広めたい・活用したいとお考えの方については、養成講座も実施しております。詳細はこちらから)

アンコンシャス・バイアストレーニングはダイバーシティ推進のみならず、職場のコミュニケーションやマネジメントスキルの強化にも役立つツールです。ダイバーシティ推進にご関心のある方、ぜひ体験会でアンコンシャス・バイアスついてみんなで考えましょう!

=============================

日 時: 10月2日(水)14:00-16:30

会 場:http://workmill.jp/sea/access

住 所:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階 株式会社オカムラ内
    Open Innovation Biotope "Sea"

内 容:13:30-14:00 受付開始
    14:00-16:30 アンコンシャス・バイアストレーニング体験会
    16:30-17:00 参加者交流会(ネットワーキング※任意参加)
    
体験費:無料(1組織2名様まで)

定 員:30人




講師:株式会社クオリア 代表取締役 荒金 雅子

主催:株式会社クオリア

共催:株式会社オカムラ

お問い合わせ:株式会社クオリア info*qualia.vc(*を@に変えてください)イベント事務局宛

※各回、大変人気のため、当日万が一ご都合が合わなくなった場合は必ずご連絡をお願い致します。

===================================



アンコンシャス・バイアストレーニングによる様々な影響

<個人への影響>
 日常の些細な言動、行動となって表れ、相手の意識にネガティブに作用することで、職場の人間関係やパフォーマンスを悪化させる

<組織への影響>
 採用、評価、昇進、育成などのタレントマネジメントや、リーダーの意思決定や行動選択に影響を与え、ビジネス上の問題を引き起こす恐れがある


アンコンシャス・バイアストレーニングが必要な理由

 アンコンシャス・バイアスは何気ない日々の行動や言動となって現れます。

 女性や若い人に対して見下したような態度や軽く扱うような言葉を投げかけたり、マイノリティを無視するような心無い発言をしたり、相手の発言に対し、眉をひそめる、腕組みをする。パソコンに目を向けながら話を聞く態度をとる。

 このような小さなしぐさ、言動をマイクロメッセージ(小さなメッセージ)やマイクロインイクイティ(小さな不公平)といいます。それ自体が直ちに大きな問題とはならなくても、小さなとげとなって相手に刺さり、心を傷つけたり違和感や疎外感を感じさせるのです。ささいなことだからと放置しておくと、職場の人間関係を悪化させたりパフォーマンスにも影響を与えます。

情報元:株式会社クオリアHPより一部抜粋

Wed Oct 2, 2019
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Open Innovation Biotope "Sea"
Tickets
体験会参加
Venue Address
東京都港区赤坂1丁目8−1 Japan
Organizer
株式会社クオリア
460 Followers