Event is FINISHED

スタートアップにとっての特許の意義と活用を考える~ぶっちゃけ特許は要るの?~

Description
「スタートアップと知財」パネルディスカッション第一弾

スタートアップの観点から特許を考える当イベントは、特にバイオ系スタートアップで活躍する方々をお呼びして、スタートアップと知財のナレッジをシェアする場となります。
テーマ:スタートアップにとっての特許の意義と活用を考える~ぶっちゃけ特許は要るの?~

日時 9月2日 19時〜21時 (18時30分 開場)
会場
ヤフー株式会社オープンコラボレーションスペース「LODGE」

スケジュール
18:30-19:00 開場/受付開始 ネットワーキング
19:00-19:10 本日のテーマ紹介(01Boosterより)
19:10-20:20 パネルディスカッション
ーパネリスト紹介(各5分)<敬称略>
 ■特許業務法人 iPLAB Startups 坂本 真一郎
 ■株式会社細胞応用技術研究所 代表取締役社長 井上 正範
 ■株式会社アットドウス 代表取締役 中村 秀剛
 (モデレーター)株式会社ゼロワンブースター 桑田靖章
ーパネルディスカッション(Sli.doで参加者からのご質問も受け付けます)
20:20-21:00 交流会

内容は変更になることがございます。
応募多数の場合は抽選になることがございます。

<登壇者プロフィール>

■特許業務法人 iPLAB Startups 坂本 真一郎
東京大学大学院創成科学研究科博士後期課程単位取得退学。
株式会社リバネスにて様々な事業開発に従事した経験を活かし、テクノロジースタートアップの支援を行う。
2019年、IP経営に更に特化すべくiPLAB Startupsに参画。

■株式会社細胞応用技術研究所 代表取締役社長 井上 正範
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 修士課程修了。国内VC入社後、2011年
より聖マリアンナ医科大学認定TLOで産学連携に従事し、同大学発の(株)細胞応用技術研究所の創業、現在は代表取締役。メディギア・インターナショナル(株)監査役。弁理士。

■株式会社アットドウス 代表取締役 中村 秀剛
製造業、システム開発に従事後、ベンチャー企業の経営企画部にて新規事業を担当。
前職は監査法人トーマツでベンチャー企業の成長を支援。
2017年に医療機器の開発ベンチャー「アットドウス」を立上げ事業化に注力中。
中小企業診断士/経営学修士(MBA)。

■株式会社ゼロワンブースター ディレクター 桑田 靖章
大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。
OA機器メーカ、医療機器メーカで、研究開発と事業立ち上げに従事。
香港政府系機関を経て、2018年に株式会社ゼロワンブースターに参画。


※申し込み多数の場合は抽選になる可能性があります。
※参加者に対する営業目的のご参加はご遠慮下さい。その場合、参加をお断りする場合があります。

※主催者による撮影について、イベント内においてその様子の写真または動画を撮影する場合があり、ご来場のお客様が映り込むことがございます。撮影したものの広告物やメディア等への掲載、露出をご希望されない方は、受付時にスタッフまでお申し付けください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#463506 2019-08-19 02:23:33
More updates
Mon Sep 2, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般参加 FULL
Venue Address
千代田区紀尾井町1−3 東京ガーデンテラス 紀尾井タワ Japan
Organizer
株式会社ゼロワンブースター|イベント情報
5,996 Followers

[PR] Recommended information