Event is FINISHED

【8月20日】おとなのための絵本の時間#02―荒井良二「長田弘さんと『水の絵本』のこと」

Description
ゆっくりとページをめくる。
色彩豊かでみずみずしい絵と
すっとこころに染み入ることば。
読者の自由な想像力に委ねられる余白と余韻。

日々時間に追われるおとなにこそ、
一日のなかで絵本を手にとる時間があってもよいのではないでしょうか。

作り手である著者の方といっしょにすごし、
絵本の世界の奥深くをのぞく豊かな時間。
声に出して読んだり、童心に返って手を動かしたり。
ふだんとは違う絵本の楽しみ方を知ってみませんか?


このたび文喫では、講談社とタッグを組み
日本の絵本界を牽引する作家によるイベント、
「おとなのための絵本の時間」を4か月連続で開催します。



第2回目は
『水の絵本』(講談社)の刊行を記念して
著者のおひとり、荒井良二さんのトークショーです。

これまでに刊行された
『空の絵本』『森の絵本』につづき、
文を詩人の長田弘さんが、絵を荒井良二さんが担当された作品は
本作で3作目となります。

じっくり時間をかけて制作された、何度も何度も丁寧に読みたい絵本。
その制作過程についてや、
2015年に逝去された長田さんとのことなど、
1冊の本に込められた想いをお話しいただきます。


イベントを通して、
きっと大切な誰か、そして大切な自分にじっくりと読んであげたくなる。
そんな時間を味わってほしいと思います。



■プロフィール

荒井 良二(あらい りょうじ)

1956年山形県生まれ。日本大学芸術学部卒業。
1990年「M ELODY」を発表し絵本を作り始める。1991年、 世界的な絵本の新人賞であるエズラ・ジャック・キーツ賞に『 ユックリとジョジョニ』を日本代表として出展。1997年『 うそつきのつき』で小学館児童出版文化賞、1999年『 なぞなぞのたび』でボローニャ国際児童図書展特別賞、2005年 、スウェーデンの児童・青少年文学賞であるアストリッド・ リンドグレーン記念文学賞、2009年『たいようオルガン』でJ BBY賞、2012年『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞大賞受賞。



■文喫×講談社「おとなのための絵本の時間」
今後のイベントスケジュール(予定)

#03 9月中旬:長谷川義史さん
#04 10月中旬:角野栄子さん と 及川賢治(100%ORANGE)さん

過去実施
#01(終了) 7/18:湯本香樹実さんとはたこうしろうさん
https://otonanotamenoehon.peatix.com/view 


■イベント概要
【日時】8月20日(火)19時00分~(18時30分開場)
【会場】文喫 六本木(https://goo.gl/maps/wYj1CzwPCxv)
【定員】40名
【料金】2,950円(入場料・書籍『水の絵本』代込/税別)

※イベント当日にレジカウンターにて、お受付致します。
※イベント前後は本と出会うための本屋「文喫 六本木」をごゆっくりお楽しみください。
 参加費にはコーヒー・煎茶のフリードリンクが含まれます。
※チケット購入後、イベント当日以降の返金はお受付できません。
隠す
Tue Aug 20, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
書籍『水の絵本』付きイベント参加チケット SOLD OUT ¥3,186
Venue Address
港区六本木6丁目1−20 六本木電気ビルディング Japan
Organizer
文喫 六本木
287 Followers