鈴木洋和
By 鈴木洋和 Follow | Public

はじめまして。
ダイエット隊長の鈴木隊長です。


もともとはただの「鈴木隊長」だったのですが、
思い立ってダイエットをしてみたら
あれよあれよという間に体重が落ちまして、
1ヶ月で4キロ、
3ヶ月で7キロの減量に成功したため、
この度"ダイエット隊長"に昇格したのです(自己申告)。



ところで私はよく、


「なんで隊長なんですか?」


という質問を受けるのですが、
元々この「鈴木隊長」という名前には由来があるのです。

でもそれは説明に時間がかかる割に大したことはなく、
この話を聞いた人のガッカリ感が、
某国民的アニメ「ドラゴンボ○ル」の
ハリウッド実写版を見てしまった時に匹敵するため
あまり人に話すことはありません。



ですので、ダイエットの成功を機にこうして
「ダイエット隊長」と名乗り、
それを聞いた人が

「ダイエット隊長だから鈴木隊長なんだ」

と、実は答えになってないけど
なんとなく納得してしまうことを目論んでいるのです。








”隊長”話が長くなりましたが、
何が言いたかったかというと、



気軽に「隊長」って呼んでね!



ということです。



まぁこうやって3ヶ月で7キロやせたのですが、
それまでにもダイエットを試みたことはありました。

ほとんどが口で「やせたい」という程度のものでしたけど。

でも今回の3ヶ月で7キロ減も、
意識的にはそんなに変わっていません。


「ダイエットで絶対にやせるぞー!
 やせなかったら1週間メシ抜き!」


なんて意気込みもありませんでした。
それよりも考え方を変えたら、
必要なものしか食べなくなって、結果としてやせた。
という感じでしたね。

ですのでツライ思いもしてませんし、
もちろんリバウンドもしていません。

今はその考えをシェアするお茶会みたいなのを
東京都内や地元静岡でちょくちょくやっています。


今でこそこうしてダイエットに成功しましたが、
もともと食べるのが大好きなので、
これまでずっと食いしん坊キャラでした。

「巨漢」ほどまではいきませんが、
最大値の頃はけっこうデブでしたし、
(今より20キロほど多かった)
そうでなくても”体格の良い方”に入るタイプでした。

小学生のころなんかは、デブ一歩手前の
ぱっつんぱっつんな感じの少年でしたし(笑)

でもそれは小学生の自分でも
「太ってるな」というのは分かっていて、
その時の思いがコンプレックスとして
心の片隅にずっとあったのも事実です。


でも私の場合に比べて「太る」ということに関して
もっと大変な思いをしている方はたくさんいると思います。

私の考え方がそういった方々の悩みの解消に
少しでもお役に立てればいいなー、
という気持ちもあってお茶会も開いています。



ですが。



「ダイエット」はあくまでもきっかけにすぎなくて、
その先にあるひとりひとりの人生を、
もっと良くするお手伝いをしたいなーなんて思っています。