松田龍太郎
By 松田龍太郎 Follow | Public

1977年青森県弘前市生まれ。弘前高校卒業後、大学浪人を経て慶応義塾大学環境情報学部に入学。

大学時代は建築設計ならびに世界遺産登録のための海外リサーチ(エチオピアなど)、東京・墨田区京島での海外からのアーティストとのコラボレーションプロジェクト(アーティストインアキヤ)、中小工場との商品開発(京島よん丁目)などを実施・運営する。

当時の所属研究室は、三宅理一研究室ならびに坂茂研究室。

また学内からOB向けの学会情報誌「SFC-Review」の編集長を歴任。当時よりメディアに興味を持つ。

大学卒業後、NHKに入局。報道カメラマンとして主に事件事故、災害、政治、スポーツなどの日々のニュース項目を中心に日本各地域を取材。

また紀行番組「小さな旅」やドキュメント取材「特報首都圏」「クローズアップ現代」を担当。東京、青森と勤務を経て2007年に退職。

その後、企画立案、イベント運営、さらに飲食プロデュース会社、飲食ビジネスの学校の企画補佐、学校運営を経て、2010年1月、フリーで働く女性クリエイターをマネージメントし、女性の社会貢献向上を掲げ、株式会社オアゾを立ち上げる。

現在は、特に商品や地域のブランドコンサルティングを得意とし、2011年5月に青森県十和田市に「bank towada」という青森や十和田の地域資源を活用するコミュニティーセンターを立ち上げ、新たなまちづくりの手法を考える場を提供。