アリゾナは温暖な気候でメジャー15球団がキャンプを張っていて、車で2時間圏内の近さです
By faweroiuoi Follow | Public

アリゾナは温暖な気候でメジャー15球団がキャンプを張っていて、車で2時間圏内の近さです。

日本ハムがアリゾナキャンプを始めるのは今年からで、果たして大谷を高く「売る」為に移動したのかは分からない。

米球団関係者はでは大谷の移籍金と契約金総額を、2億ドル(240億円)と予想していると報道されました。


2014年にヤンキースが田中将大投手獲得に支払った総額は275億円なので、妥当な金額かも知れません。

275億円の中で本人に渡るのが161億円で、ここから税金53%にあたる約85億円が引かれ、代理人の手数料なども引かれます。

田中将大本人が受け取れるのは68億円で、7年契約なので年俸約9億7千万円で、途中で引退すれば残りは貰えない。


イチローは最高年俸18億円だったが、年俸の3分の1ほどを「後払い」にして引退時に受け取る契約をしているという。

退職金なのか年金なのか、最初から老後の事を考えていたらしいです。

このように日本からアメリカに移籍する選手で、シアリス 通販日本時代より高額報酬が貰えるのは、もちろん日本でトップクラスの選手だけです。



日本人投手故障の謎

最多勝利を挙げていない投手や、タイトルを取っていない打者なら、日本と同水準か、マイナー契約だったりします。

打者で通用している日本人選手はイチロー選手以外には少なく、殆どは投手で占められています。

野茂英雄から始まって伊良部、松坂、ダルビッシュ、田中と続いたが、多くの選手がアメリカで故障しています。



それも渡米して1年持たずに故障する投手が異常に多く、アメリカ側は最初(今も)日本のせいにしていました。

高校野球の投球数の多さやプロ野球の1試合投球数を例に上げ、酷使したから故障しているとしました。

だがこれは理に叶っておらず、故障したのは日本に居る時ではなく「渡米してから」なのです。


常識で考えると日本のやり方が正しく、威哥王アメリカ流が間違っているから故障させていると言えます。

厚顔無恥なアメリカ人も恥ずかしくなってきたのか、最近は日本の投球過多だけでなく、アメリカ自体の原因を探る人も出てきた。

アメリカ野球界最大の暗闇が「筋肉増強剤」に代表される問題で、全員が何らかの方法で筋肉を強化しています。


頭や技術ではなく筋肉でボールをぶっ飛ばすのがアメリカ流で、投手も筋肉でボールを投げるのを一流としています。

2014年秋の日米野球でホセ・アルトゥーベというベネズエラの野手が来日したが、身長167センチしかなかった。

今どきの女性アイドルはそのくらいが普通なので、女性と同じくらいだが、この人がバットを割り箸のように軽々と振り回す。

1 Follower
Comments