精液の中にまともな精子がほとんどなかった……
By foauewrooi Follow | Public

精液の中にまともな精子がほとんどなかった……

千葉商科大学専任講師の常見陽平さんは、シアリス 通販
約5年前から妊活をしていたことを告白する。

「私が38歳で妻が37歳のとき、そろそろ子供をということになりました。排卵日だと言われて、作業のように行為にいたるのには、強い抵抗を感じました」

しかし1年経ってもできない。そこで医療のサポートを受けることにした。

「夫婦で行こうと誘われましたが、仕事が忙しいことを理由にして、私は病院には行きませんでした。正直、そこまでしなければいけないのかという疑問や抵抗感がありました。すごい事実を聞かされるんじゃないかという恐怖もありました。もっと早く行っていればと、今になっては思います」

人工授精まで試みたがうまくいかない。常見さん自身、「子供まだ?」と聞かれることがつらかった。フェイスブックや年賀状の家族写真もつらかった。社会をあげて「少子化対策」と叫ばれても、正直乗れない……。

「妻はもっとつらかっただろうと思います」

朝、書斎で原稿を書いていると、威哥王
妻が「(生理が)来ちゃった……」と言って落ち込んでいることが何度もあった。友達に子供ができたことを聞いて、しょんぼりしてしまったこともあった。「どうやってなぐさめよう……」。常見さんは持ち前のユーモアで、妻をなごませた。

一時はあきらめかけた。「2人で愛し合っていればいい」「ペットでも飼おうか」という会話もした。なんとなく、1年ほど妊活を中断した。養子縁組も考えた。

しかし妻からの提案で、もう一度だけ挑戦してみようということになった。ようやく常見さんも覚悟を決めた。自分も病院に行き、精子を調べてもらった。結果に衝撃を受けた。精液の中に、ほとんどまともな精子が含まれていなかった。残された選択肢は顕微授精しかないことがわかった。

「あのとき病院に行っていれば、何度も妻を落胆させなくてすんだのに……」

何年もつらい不妊治療をしてきた妻に申し訳なかった。「目の前の人を幸せにして上げられない……」。男としての無力感も痛かった。

しかし妻は常見さんを責めなかった。それまで常見さんが自分を最大限にいたわってくれていたことがわかっているからだ。

1 Follower
Comments