医療機関で受ける薬以外の治療法としては、以下のようなものがあります
By faweporuiohol Follow | Public

医療機関で受ける薬以外の治療法としては、以下のようなものがあります。

①陰圧式勃起補助器具
陰圧式勃起補助器具は、薬ではうまくいかなかった、あるいは薬は使いたくないという方には有効な方法です。

youtsu_01

この器具は厚生労働省の認可を受けている医療用勃起補助具で「陰圧式勃起補助具」と呼ばれています。筒の中にペニスを入れ手動ポンプで吸引し、筒内を真空にする事で勃起状態を作ります。シアリス 通販メリットとしては薬を使用せずに自然な勃起を得られる事、デメリットは使用時間が30分と限られている事が挙げられます。

②陰茎海綿体自己注射法(陰茎注射)
陰茎海綿体自己注射法は、陰圧式勃起補助器具では痛みがあってダメだった、あるいは薬の飲み合わせ的にED薬の処方が受けられないといった方への選択肢として挙げられます。これは自分で陰茎に直接注射をする方法で、早い人は5~10分で効果が現れ、約2時間持続します。日本性機能学会では、自主研究ということでそれぞれの病院の倫理委員会を通して積極的に行っていますが、国の認可が下りていないので自己判断・自費扱いになります。注射も1本が1万円程度、医師の指導の下で複数回の購入が必要となりますが、治療を行える施設はかなり少数で、原則は自己注射も認められていません。処方してくれる医院も少ないので事前にお調べになる事をお勧めします。

③陰茎プロテーシス挿入手術
陰茎プロテーシス挿入手術は、処方薬も効かず、上述のいずれの器具・注射も効かなかったという場合にのみ提案される方法です。陰茎プロテーシスというシリコンをペニスに挿入し、威哥王必要なときに勃起できるようにするという手術です。この手術は自費のため高額であること、一度挿入したら後戻りはできないこと、将来的に合併症などが起こる可能性もあること、など考慮すべき事が多い手術と言えます。

④超音波治療
超音波により血管内皮を刺激して血流を戻すという方法です。痛み、出血、副作用とは無縁ですから第二のED治療の道となる可能性はありますが、治療費はまだまだ高額です。一般普及するまでは時間がかかると思われます。

1 Follower
Comments