X線レーザーとは
By laserscheap Follow | Public

レーザーカラス撃退遷移のエネルギーギャップの大きさは波長に反比例するため、X線レーザーの媒質としてエネルギーギャップの大きな遷移の得られる高密度多価高電離プラズマが用いられる。代表的な反転分布生成機構としてレーザー照射時の加熱相で反転分布の生じる電子衝突励起、レーザー照射後のプラズマの冷却に伴っておこる3体再結合による再結合励起、X線光子による光励起、光イオン化がある。反転分布の生成するプラズマを望みの形状(一般には細長い円柱状)に生成するため、時間・空間的に高度に制御された高出力レーザー光を固体または気体に集光照射することになる。
http://www.laserscheap.com/laserpointer-green-500mw/p-6.html
レーザー作用をする高電離プラズマ発生部とプラズマ発生用照射レーザーを示す。X線レーザーポインターでは通常増幅媒質内部で生じる自然放出光がそのまま指数関数的に増幅されて、その両端から出てくる。このようなプロセスを自然放出光増幅と呼び発散角数mradの鋭い指向性を有する誘導放出光が発生する。その意味でこの過程はX線レーザー発振と呼ばれている。発生したX線レーザービームは、示すようにX線レーザー光軸上に配置されたX線回折格子分光器で波長分解され誘導放出光の波長およびビーム発散角が測定できる。
http://www.laserscheap.com/laserpointer-green-100mw/p-9.html

1 Follower
Comments