中折れは「半ED」と言ってよい状態
By fahoiewruoi Follow | Public

中折れは「半ED」と言ってよい状態

「中折れ」はEDの一種と言ってもよいでしょうね。

勃起して、挿入までは成功するのですが、射精まで継続することができないわけです。

陰茎には、触感的な刺激は加わっているにも関わらず、勃起を持続することができません。

性的な刺激よりも、シアリス 通販深刻なストレスがもとで萎えてしまうのだったら、心因的なEDと同じです。
また、性的な刺激を感じているにも関わらず、健康的な問題で、勃起が続かないとするならば、健康の問題によるEDと同じということになります。

中折れは「半ED」ということになるわけです。

中折れの対処法
健康的な問題で、勃起が続かないなら、

EDに有効なサプリとは
で紹介しているサプリメントを続けながら、生活改善を続け、精力増進に努めるべきです。

とはいえ、回復には相当な時間を有します。

性欲を感じ、勃起まではいったん持っていけるのだったら、しばらくは「ED治療薬」でしのぎ、セックスを成功させる感覚を養っていくこともしたほうがよいでしょう。

そうすることで、セックスへの意欲が湧き、男性ホルモンの分泌量が大きくなっていく可能性があります。

男性ホルモンの分泌量は、心理的な影響が非常に大きいものなのです。
中折れで使うべきED治療薬

ここで使うべきED治療薬は、ストレスがもとで萎えてしまう「心因的な中折れ」の克服に使うものと同じが良いでしょう。

「ダボキセチン」入りのバイアグラジェネリックです。

ダボキセチン入りのバイアグラジェネリックは、血管を膨張させて海綿体に血液を送り込む成分「シルデナフィル」に、副交感神経を活発にして、リラックスさせる「ダボキセチン」を配合した複合医薬品です。

ダボキセチンは、早漏防止薬なのですが、「セトロニン」をいう、交感神経の暴走を抑え込む役割もします。
また、威哥王早漏の原因となる「ノルアドレナリン」の分泌を抑え込みます。

さらに、副交感神経のリラックスも促すため、勃起持続のための集中力も増します。

勃起させる力を補助するうえに、勃起し続けられないかもという不安感を抑え込む役割を持つので

つまり、早漏と、中折れ、両対応。

バイアグラは中折れを引き起こす酵素PDE5を阻害することで有名ですが、ダボキセチン入りのバイアグラは、さらに精神面から、中折れ防止を促すのです。

ED治療薬では「最強」と言えるものですよね。


混合薬のため、通常の「バイアグラジェネリック」より体にちょっと合わないと感じる人もいるようなのですが、大きな事故の情報はありません。
早漏防止薬「プリリジージェネリック」

で紹介した「プリリジージェネリック」には勃起を促す力はありませんので、持続力だけでなく、最初の勃起にも自信がないという方は使ってみるとよいと思います。

ただし、ダボキセチン入りのバイアグラジェネリックを使わなければならないということは、普通に勃起させるにも難しいほど、健康に問題がある可能性があるということですよね?

健康的にも問題がある、「男性更年期障害」型EDである可能性が高いので、勃起不全用のサプリメントを普段は続けて、自分で勃起できる力をつけられるようにしていったほうがよいでしょう。

なお、「ダボキセチン」入りのバイアグラジェネリックも


「ベストケンコー」「オオサカ堂」など大手個人輸入代行業者から購入することができます。

1 Follower
Comments