写経と茶話の会
By srkanagawa Follow | Public

初対面のもの同士が集まり、お茶を飲みながら話をするので、それなりに気を遣うと思います。お互いどういう人間かわからず、さぐりさぐりの対話の中で、相手のことと同時に自分の新たな面がみえてくる、そういう場になればいいなと思っています。

とくに禁則は設けたくないのですが、「同じ人が1分以上連続してしゃべらない」ことをルール化してもいいかもしれません。合いの手もまじえずにひとりの人が1分以上もしゃべるということは、対話なのに対話の文体ではなく演説の文体でしゃべっているということですから、それだけで相当不毛です。これでは意見のすり合わせによる新たな発見は生まれません。

自分と異なる考えを聞くことも、少しなら良薬です。しかしそれをえんえんと耳に注がれ続けると、同じ内容でも猛毒です。聞いているだけでしんどい。1分以上しゃべるなら、場を設けるからスピーチしてください。スピーチなら話が別です。人前で整然と雄弁にしゃべることができるのは素晴らしいことだと思います。

それを少し拡げて、パブリックスピーチ練習会として、われわれのこの会を活用していただいても構いません。人前でのスピーチというものはやればやっただけ上手くなります。問題を見つけてみんなでディスカッションして、最終的にひとりひとりがプレゼンする、という会。

この豊岡の地も、もう少し文化的に豊かであればいいのに、とは、よく聞く嗟嘆です。都会へ行けば、仕事帰りに寄ったカフェでさまざまな文化的事象にかんするトークショーが行われている。そういうのがここにはない・・・と嘆く前に、自分たちでトークできる人材を育てませんか?うまくいったあかつきには豊劇さんとかに売り込みましょう!


※写経は般若心経、阿弥陀経、正信偈などを用意しています。宗派を問わずご参加いただけます。
※筆なども用意してありますので手ぶらでどうぞ。