SUPALIV(スパリブ)/岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 抗酸化研究部門
By Sho Tanaka Follow | Public

■TIMAグループについて
TIMA Japan株式会社は、その前身であるブルックフィールドメディカル株式会社が、2006年12月弊社取締役犬房春彦(医師、医学博士)の研究開発会社として設立され、2012年3月にTIMA Japan株式会社に社名変更いたしました。
TIMA Japan株式会社は欧州医療財団TIMA Stiftingが所有する多数の特許と登録商標の使用を日本で唯一認められており『SUPALIV』『Twendee X』の製造・販売を行っています。
当社製品は全て犬房春彦(医師、医学博士)が率いる研究チームの成果を元に開発されたもので第三者機関による有効性・安全性が確認された商品となります。現在も犬房が特任教授を務める岐阜大学生命科学総合研究支援センター抗酸化研究部門を中心に研究開発が進められております。
http://timajapan.com/top.html

■岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 抗酸化研究部門について
酸化ストレスは生物には欠かせない呼吸をはじめ大気汚染、細菌やウイルス、紫外線や放射線などの生活を取り巻く環境、そして喫煙や多量のアルコールなどの生活習慣の全てが要因となり、身体は常に酸化ストレスと闘っています。体内の抗酸化力と酸化物質のバランスが崩れ酸化に傾けば、多くの病態を引き起こすことが知られています。年齢を重ねるごとに抗酸化力が減少し、それに伴いシワや病気が増えるのもそのためです。
いかに酸化ストレスを抑えて病気の予防をするのか、いかに病態が引き起こす酸化ストレスを抑えることで治療につなげるのか、そしてそのメカニズムの解明が当部門の研究目標です。
http://www.antioxidantres.jp/index.html