慢性心不全治療薬の種類と特徴
By fajoperaeroi Follow | Public

慢性心不全治療薬の種類と特徴
慢性心不全は、「慢性的に心臓の働きが低下している」状態であり、基本的には完治は望めません。
薬物治療は対症療法であり、できるだけ心臓シアリス 通販の機能を維持するために、さまざまな薬理作用の薬が用いられます。
代表的な慢性心不全の薬をまとめました。
※慢性心不全に用いられる薬は、降圧剤(ACE阻害薬、ARB、利尿薬など)として用いられるものも多いです。
「代表的な高血圧治療薬 」も併せてご覧ください。


慢性心不全治療薬の作用点

慢性心不全治療薬には様々なものがありますが、大きく4つに分類できます。
心不全治療薬作用点
強心薬

心臓のポンプ機能を高める薬です。

ジギタリ製剤
カテコールアミン
ホスホジエステラーゼ(PDE)Ⅲ阻害薬

などがあります。
β遮断薬
心臓の働きを抑える効果があります。
働きすぎの心臓を休ませることで、心臓の働きをある程度回復させると考えられています。
心拍数が多くなる心不全(拡張型心筋症など)に効果があるとされています
前負荷を軽減する薬
心不全は心臓の働きが弱っている状態なので、心臓の負担を軽くすることが必要です。
血液が静脈から心臓に流れこむときに心臓にかかる負荷を「前負荷」といいます。
心臓に戻る血液量が多ければ、当然心臓にかかる負担も増えます。
それなら、静脈を広げていったん血液をプールすれば、心臓にもどる血液量が少なくなり、心臓の負担が減るはずです。これを「前負荷の軽減」といいます。
静脈を拡張して前負荷を軽減する作用を持つ薬としては
硝酸薬
ACE阻害薬
ARB

があります。



また、利尿薬は利尿作用により肝臓などの内蔵のうっ血や末梢の浮腫を改善することで、前負荷を軽減する作用があります。
後負荷を軽減する薬
心臓が弱れば、当然血液を送り出すポンプとしての機能も低下します

それなら、威哥王動脈を拡張すれば心臓から血液を送りだすときの圧力が減り、心臓の負担は軽減されるはずです。
これを「後負荷の軽減」といいます。



動脈を拡張して後負荷を軽減する作用をもつ薬には

硝酸薬
ACE阻害薬
ARB
Ca拮抗薬

があります。
※Ca拮抗薬は心不全の予後改善効果については、はっきりとした評価を得ていない



スポンサーリンク

1 Follower
Comments