Hitoshi Ohtsuki
By Hitoshi Ohtsuki Follow | Public

学生時代は休みがあれば国内外の旅へ。とにかく色々な場所にバックパックを背負って赴く日々でした。そしてそんな各地での体験に触発されることで、身の回りへの問題意識が芽生え、愉快な仲間たちと一緒になって、非営利組織や企業なども巻き込んで数々の風変わりなボランティア活動や音楽イベントなどを企画していました。
そのため、当時徐々に認知されはじめていた「ソーシャルアントレプレナー/社会起業家」を志向していったのは自然な流れでしたが、幾つかのNPOやNGOの運営に関わる機会をいただく中で、いわゆるボランティアという仕組みの限界も意識するようになります。
そこで、卒業後の進路として、実務の中でビジネスの基本を徹底的に身体に叩き込めそう…という理由から、現在も在籍しているマーケティング・プロデュース会社へ。
行政・地方自治体・企業・学校など幅広いクライアントの課題に対して様々なソリューションを提供する現場でがむしゃらに働き、早いもので8年が経ちました。
プロジェクトにおいてはディレクターやプランナー的な領域と営業を担い、リサーチ、コンサルティング、研修/ワークショップ、クリエイティブディレクション、イベントやキャンペーンなどのプロモーションやPRの企画運営まで…幅広い業務に従事しています。
ここ数年は、マネジメントや社内改善のようなお題にも、試行錯誤しながら取り組んでいます。

会社以外の活動も意識的に行っていますが、主だったトピックスは以下のような感じです。

●複数のクライアントへの研修業務がきっかけで興味を抱いたトレーナー/コーチングスキルについて学ぶ
●CIの神様と言われるPAOSの中西先生のもと”CI”を基軸に企業経営とデザインについて学ぶ(@桑沢デザイン研究所の実験的な社会人講座「STRAMD(戦略経営デザイン専攻)」)
●稲作活動や勉強会などを共にするコミュニティとの関わりを通じて、メンバーと共に、創造性や関係性(…言うなれば「生きる」ことや「愛」)について学ぶ
●「東北から始まるニッポンの未来のカタチ」というテーマで、復興とプロデュースについて学ぶ(@丸の内朝大学初という通年の実践的プログラム)

…これらの学びや経験を、会社での業務や個人的な活動としてアウトプットしていくことで、良い循環が生まれています。
→フリーエージェント的な立ち位置での、幾つかのプロジェクトへの参画
→ボランティアやプロボノ的な形での、東北の復旧や復興への関わり
最近では、お茶の文化を通じて日本を学び、それを茶会の企画として発信するグループのメンバーとしても活動しています。

時代/社会/価値観といったものがまさに音を立てて変化を始めていますが、
そのような中で、自分自身がどのような使命を帯びているのか考えながら走っています。
覚悟を決めて取り組むべききことは何か。何を捨てるのか。どこに絞るのか。
そんな大切なことを考えるタイミングにまさに直面しています。
同じ時代を生きる仲間と共に、新たな価値創造に挑み、より良い未来に寄与できれば嬉しい限りです。
ということで…みなさまどうぞよろしくお願いします。

Laugh & Peace.

愛。

1 Follower
Comments