[5/26夜開催]YeLL/DialogueNight 〜大企業の中で個人が “ワクワク” 働くための議論を交わす〜
By 株式会社YeLL Follow | Public

「毎日の仕事を朝から心待ちにし、働くこと自体が楽しくてワクワクしている」
おそらくこれは、誰しもが理想とする日々の過ごし方の1つではないでしょうか。

ですが、多くの組織では、

・マネージャーとメンバーの世代間GAPが大きく、十分なケアをメンバーが受けられない
・ロールモデルが身近に存在せず、何を目指して成長すべきか分からない
・常に忙しくて目先の業務をこなすことで精一杯。インプットする機会がない
・部下に年上のメンバーがいて、自分よりも経験が豊富でうまくコミュニケーションが取れない

など、この時代ならではの状況に伴い、必ずしも毎日の仕事を心から楽しみ、没頭することができていない方々が数多く存在します。

そこで今回のイベントでは、

・日々の仕事を心から楽しみ、没頭できるようになるために必要なのは何なのか?
・自分の仕事が「社会や会社の役に立っているんだ」という意義を持って働くためには?
・自分の仕事を通して、「成長」することにワクワクしている状態とは?

といった点をテーマとして、各所でのディスカッションを踏まえて収集した情報と、YeLL社が大企業への支援を通して試行錯誤し、集めた結果などを共有すると共に、参加者同士で議論し、深掘りすることを目指します。



◼主な参加対象者
以下のいずれかに当てはまる方に、有意義な会になると考えています。
・チーム内に年上の部下がいて、相手のポテンシャルを活かし、もっとうまくコミュニケーションを取りたいと思っている方
・自分がマネジメントする組織・所属する組織で、年上部下を含むメンバーが楽しく熱中して働けるためには?というテーマに興味のある方
・人それぞれに異なる多様な価値観を認めながらも、大企業で働くことの面白さ・魅力や、大きな組織の持つ可能性を信じている方


◼参加によって得られること
・いま大企業・組織の中でリアルに起きている「動機づけ」についての示唆が得られます。
・企業・組織の中で "楽しい" という動機づけで働くために、今の時代だからこそできる "サポート" とはどんなものなのか?という思考を深められます。



■当日の流れ
第一部:情報提供セッション
 「多くの組織が直面しつつある難しい局面のトレンド解説」
 「Give&Takeによる相互支援を通した変革の仮説」
 「YeLL社が大組織の支援を通して行った実験の結果」

第二部:ワールドカフェによる議論
 「年上の部下を含むメンバーが、仕事に没頭し、集中し、心から楽しめるためにはどうすればよいか」



◼主要スピーカーのプロファイル(予定)
苅谷 高宏(かりや たかひろ)
金属加工メーカーやIT企業の人材育成事業を担当後、キャリア関連の一般社団法人の立ち上げを担う。15年9月にエールに入社後、事業のコアコンピタンスとなるクラウドサポーターのマネジメントを含めた事業開発を中心に行っている。

櫻井 将(さくらい まさる)
横浜国立大学経営システム科学科。ワークスアプリケーションズにて営業部・人事総務部のマネージャを経て、gCストーリーでは営業責任者・新規事業立ち上げ・子会社の経営を担う。NPO等の非営利組織の立ち上げ・運営も含め、複数の組織づくり・チームマネジメントに携わり、現在では、エールにて事業開発を中心に行っている。



■開催概要
日時:5月26日(金) 19:30-22:00 (19:00 開場)  
場所:エール株式会社(予定) ※参加人数により会場変更の可能性があります
会費:1,000円
主催:エール株式会社
申込方法:本ページの「チケットを申し込む」より参加登録へお進みください
※定員になり次第、締切とさせていただきます



■FAQ
Q:当日は飲食などの用意はありますか?
A:軽食をご用意しております。開始前の会場でも、他社の方などと交流することができますので、ご都合がよろしければ、ぜひ早めにお越しください。



■主催者・本企画に関して
本イベントを主催するエール株式会社は、「働くを面白くする」「楽しくチームを強くする」をビジョンに掲げ、コミュニケーションに長けたサポーターをクラウド上に有し、大企業のチームビルディングの支援を行っております。通常のコンサル・研修では手の届かない一人ひとりの社員の日々のリアルな情報をチームビルディングに活かすというこれまでにないアプローチで組織変革をサポートしています。

1 Follower
Comments