飲食店経営者・店長向け!離職率をゼロにする究極の店舗マネジメント術
By 伊藤 宏冶 Follow | Public

こんな悩みありませんか?

① 採用しても人が定着しない。
② 常に人不足でシフトを埋めるだけで精一杯。
③ 休日でも出勤を強いられて自分の時間がなくなっていく。
④ アルバイトさんたちが指示通りに動いてくれない。
⑤ アルバイトさん同士の関係性が良くない。

直近のデータでは都心部のアルバイトさん採用コストは実に52000円と言われています。これにトレーニングコスト(新人さんの給料+トレーナーの給料)を加えると軽く10万円は超えてしまいますね。

つまり、一人辞めてしまうと10万円以上の損失。飲食店で10万円利益を出そうと思ったら100万円以上の売り上げが必要になってきます。

採用や教育に関してのお悩みを持つ多くの方が店内コミュニケーションを改善しようと、とりあえずほめてみたり、ビジョンを熱く語ったり、飲み会を開いたり、面談をしてみたりといろいろと工夫されていることと思います。

なのに全く変化がない!!

変化がないのには理由があります!
そのようなコミュニケーションをとる前にまず必要なのは「あるがままに相手を受け入れ、認める事」です。

あなたはアルバイトさんの事をどれだけ知っていますか?アルバイトさんの事を認めてあげていますか?大事なのはアルバイトさんの「存在」についてあなたの「今ここで」の気持ちを伝える行動をとることです。具体的にいうと、相手のあるがまま、例えば「成長」や「変化」をあなたの感じ方で伝えてあげるのです。あなたに認められたアルバイトさんは、秘めた能力を存分に発揮し、あなたを助ける存在になってくれます。人は、自分を認めてくれる人の為に動くものです。また、認められているという気持ちを持つことでお店への愛着も湧くのです。ほめたり、時給アップをしたりしても動くのは最初のうちだけです。本当に必要なのは心の底から相手の可能性を信じ、認め、受け入れることなのです。

そういう私もかつては自分本位の店長でした。一方通行のコミュニケーションを繰り返し、売り上げはジリジリと下がる一方。退職者も月に数名はいるありさま。採用しても辞めてしまう。どうしたらいいんだろう?悩んだ挙句にたどりついたコーチングでした。
コーチングの土台となるものは相手の可能性を100%信じるという気持ちです。その気持ちを持ってアルバイトさんの話を聞き、認め、一緒の時間をたくさん過ごすことでお互いの信頼関係が出来上がっていったのです。結果、離職に歯止めがかかりました。私が店長をしていたお店では就職や進学など環境面の変化を除けば離職はほぼゼロになりました。良いチームワークが発揮され、売り上げがアップし始めました。当然利益も出るようになりました。シフトが埋まるので常に公休は月に10日はとっていました。相手を認めていく事でこれだけの効果が見込めるのです。

そんな私の実体験を基にした私の究極の店舗マネジメント術では、アルバイトさんを認めていく事でお互いの信頼関係を作るところからスタートします。そしてアルバイトさんの価値観を知り、お互いの考えを認め合い、みんなで共有していきます。チームワークはとても高まり「人が辞めない」店舗になっていきます。店内コミュニケーションがスムーズになることであなたがいなくても勝手に回る店舗を作ることができます。不足ラインもなくなります。運営を楽にすればその分他の事に時間が使えるようになります。販促活動をしたり、お店の方針を考えたりと様々な活動もできるようになり、売上アップも見込めるのです。

このセミナーを受講していただくとこんなことが身に付きます。

・明日から店舗に変化を起こすコミュニケーションスキル。
・新人さんともすぐに仲良くなるコミュニケーション方法。
・チームワークをアップさせる効果的な承認のやり方。
・どう接していいかわからない部下、スタッフへの対処方法。
・“動かそう”としなくても人が“動いてくれる”ようになるやり方。
・効力を発揮する目標設定のやり方。
・部下、スタッフのモチベーションアップに効力を発揮する質問力。
・何より自分自身を深く理解することができます!

お申込みはお早めにお願いします。