勃起状態を維持できず満足に性行為を行えない状態を指します
By faqeruoaro Follow | Public

ED(Erectile Dysfunction)は勃起不全や勃起障害と訳され、勃起しない状態や、勃起状態を維持できず満足に性行為を行えない状態を指します。自分の意思に反してすぐに勃起しなかったり、性行為途中で中折れしたり、性行為の満足度が低い場合でこれらの症状が3カ月以上持続するとEDと診断されます。「妻だけED」 といった場合ももちろんEDと診断されます。
現在日本の潜在的な患者数は1130万人に上るといわれており、EDは一般的な病気・疾患として認識されています。非常に身近な症状といえます。日本人のEDの有病率は加齢とともに増加し40歳前半で20%を超えます。50歳代後半で40%を超え、65歳以上では60%を超えます。70歳代では70%以上にも達します。
EDの原因

EDの原因には器質性ED、心因性ED、シアリス 通販薬剤性ED、これらを複合した混合性のEDがあります。
若い方では心因性のEDの方が一番多いのですが年齢とともに器質性のEDや薬剤性のEDなどが増えてきます。加齢とともにEDになる割合は高くなります。
しかし近年はEDの原因は加齢だけでなく様々な原因、仕事やプライベートのストレスや不健康な生活習慣がEDの原因となっていることが知られています。糖尿病、脂質異常症、高血圧など生活習慣病になるとEDのリスクは高まります。動脈硬化の進展のため陰茎海綿体の動脈の拡がりが弱くなるためです。混合性のEDとはこれら原因が複合している場合を指します。
心因性ED

心因性EDには「現実心因性ED」と「深層心因性ED」の2つに分けられますが多いのが「現実心因性ED」です。現実心因性EDはストレスでEDになる場合で性行為の経験が少ない若い方の緊張や不安によるEDや、子作りや子育て、仕事の忙しさによるEDの事を指します。深層心因性EDは簡単に言うとトラウマです。幼児期の体験や性行為の失敗など本人が意識していない場合もあります。また精神疾患によるEDも心因性のEDです。
器質性ED

40歳ごろから急にEDを発症する方が増え始め、40代では4人の1人がEDを発症しています。器質性のEDは何らかの機能の原因があってEDとなった場合です。威哥王動脈硬化によって血流が悪くなるとEDになりますし、脳から陰茎までの神経伝達系に問題があり興奮が陰茎まで伝わらなければEDになります。また前立腺の疾患やホルモンの異常があるとEDが引き起こされます。糖尿病、脂質異常症、高血圧による動脈硬化や、アルツハイマー病や脳卒中、脊髄損傷や、骨盤内臓器の手術によるものなど神経障害によるED、前立腺肥大や前立腺がん、男性更年期障害(LOH症候群)などホルモン異常によるものが知られています。これらは原疾患の治療をおこないつつ、ED治療を行っていかないといけません。
薬剤性ED

薬剤が原因のEDも知られています。降圧剤や、抗うつ病薬、睡眠剤などで知られています。
これらは原因薬剤の中止、変更を行い必要があります

1 Follower
Comments