EDになるような食事の仕方や生活をしていたからEDになったんですよ?
By faoeruoarear Follow | Public

EDになるような食事の仕方や生活をしていたからEDになったんですよ?
油っぽい食事
こんばんは、片岡です。
僕の運営するこのホームページに「edは勝手に治る」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。
今日はそれについて書いていこうかと思っています。
正直、一度EDになったら、勝手に回復することはありえませんね。
内容は全然違いますけども、たとえば定期健診で、「メタボリック症候群」と診断されたとしてですよ、「ああ、ほおっておけば勝手に治るでしょう」と病院がいうでしょうか。
まず食事療法は必須で、会社に指導まで来るはずです。
で、食事、生活改善のための計画表を作ってもらって、それに従った改善を図らなければならないわけですけども、言いつけを守らず、今までと同じような生活をしていて、果たして来年の検査に「メタボリック症候群」で引っかからない自信がありますか?
いや、ありえないと思います。
そもそも、「メタボ」になるような食事の仕方や生活をしていたから、メタボになった今があるわけで、勝手によくなるわけがないのです。
EDもそれと同じなんですよ。

そもそもEDになるような食事の仕方や生活をしていたから、EDになった今があるわけです。
勝手に良くなると言っていると回復の芽を摘んでしまうことになるかも。
勝手によくなるわけないですし、今までと同じ生活をしていたら、さらに悪化することは目に見えているので、よくなる目も摘んでしまう恐れがありますね。
こそED用のサプリを続けたり、食事を改めたり、リラックスしたりする時間を設けたりということをすればだんだんよくなっていくはずだったものが、シアリス 通販もう男性ホルモン薬を使わなければ、将来も回復の見込みがなくなってしまった、ということになりかねないわけです。

ですから、「時がたてば勝手に治るのでは」という甘い認識は持たないで、治す努力をしましょう。

まずはEDになった原因を探し障害を取り除く努力をすること
まずは、勃起しなくなってしまった原因を探らなくてはなりません。

できる限り勃起しなくなってしまった障害を取り除くことをしないで、サプリメントなり、ED治療薬のみに頼っても、一時的にはよくなってもすぐにEDに戻ってしまう恐れがあります。

勃起できていたのに、下半身にまったく力が入らず、相手に興奮することもできなくなってしまった。

健康が原因なのか、威哥王心因的なもの、たとえば心配事や大きなプレッシャーを感じているから下半身に力が入らないのかなど、状況をよく考えてみてください。

もちろん、健康と、大きな心配事やプレッシャーなどというのは、つながりがあります。
心配事が、健康を害するということがありますし、健康の悪化が自信を喪失させるということ、どちらかがどちらかの影響を大きく受けることもありえますからね。
ただ、心配事やプレッシャーなんかが問題となっているにしても、健康が問題になっているにしても、自覚はありますよね。
原因はあれだろうという。という原因を見つけたらなるべく取り除くよう努力してください。

お酒、油もの、甘いものが好きでも、控える。運動をまったくしていなければ、ウォーキングなどをしてみる。

心配事を取り除くというのは、すぐにできないことかもしれません。
災害や事故などで大きなショックを追ってしまって、日常生活に支障がでてしまっているとかですね。

そんな場合はEDとか言ってる場合ではないので、心療内科に行くべきだと思いますけどね。

1 Follower
Comments