パラシュートセッション
By 青山月見ル君想フ Follow | Public

「パラシュートセッション」=「2バンドが向かい合い1曲ずつ交互に演奏する、全く新しい対バンスタイル」!!!
月見ル君想フの客席に2組のアーティストが対峙するようにセッティング、1曲ずつ交互に演奏をする、いままでにない2マンライブ。
会場の天井には「一体どこに着地するのか」といった意味合いを込めて、
本物のパラシュートが張り巡らされ、オーディエンスは2バンドを取り囲むように観る事が出来て、
演奏者の生音や息遣いまで聴こえるのが特徴。
両者セットリストを決めずに1曲ずつ交互に演奏して行く
「ワンマンでもツーマンでもない」スリリングなライブスタイルです。
2013年にF.I.B JOURNALの山崎円城によって生み出され、その後月見ル君想フの名物企画として現店長のタカハシコーキにより育て上げられた、当企画。今回でついにVol.40を超える。

1 Follower
Comments