バイアグラジェネリックの種類・一覧
By koupooauyej Follow | Public

バイアグラジェネリックの種類・一覧

シアリス 通販ジェネリックは国内、海外で多くのメーカーから販売されています。日本製のバイアグラジェネリックは10社から韓国などは40社以上から発売されているそうです。またアメリカやフランス、インドなどの国からも販売されています。これらのバイアグラジェネリックはすべて正規品のものです。国産のバイアグラジェネリックと通販サイトでは一覧やランキングにされていますが海外のバイアグラジェネリックの一部をご紹介いたします。
シルデナフィル50mgOD錠VI「トーワ」

東和薬品が販売するバイアグラジェネリックで日本で初めて発売されたバイアグラジェネリックです。東和薬品は一部上場の後発品メーカーです。「くすりの明日を考える」をキャッチフレーズにし、黒柳徹子さんのTVのCMでご存知の方も多いでしょう。「飲みやすい高い品質のジェネリック」を販売しています。東和薬品は国内で唯一OD錠(水なしで飲める)になっており、また唯一フレーバーとなっており、レモン風味とコーヒー風味があります。25mg錠は製造されておらず、50mg錠のみの販売ですが錠剤に割線があり、割って服用することも可能です。
シルデナフィル50mgVI「FCI」

富士化学工業が販売するバイアグラジェネリックです。このバイアグラジェネリックの特徴は「完全コピーバイアグラ」です。見た目の形、色、基材やコーティング剤のすべてをファイザー社のバイアグラと同じにしてあります。違いはパッケージやPTPシートぐらいです。

国内で国産バイアグラジェネリックを販売しているメーカーは陽進堂(YD)、あすか製薬・武田薬品(あすか)、キッセイ薬品(キッセイ)、大興製薬・本草製薬(DK)、大興製薬・麻耶堂製薬(DK)、辰巳化学(TCK)、シオノケミカル・アルフレッサ(SN)、テバ製薬(テバ)です。ファイザー社と提携しているマイラン社は厚生労働省に販売承認を得ていますが、実際に販売していません。
カマグラ

インドのアジャンタファーマが販売するシルデナフィル製剤です。日本ではバイアグラジェネリックとされていますが、実際は海外正規品です。ファイザー社に使用料を支払い販売していました。50mg錠と100mg錠があり、カマグラゴールドやPOLO、発泡錠、ゼリー(ジェリー)など様々な剤型があります。
バイアグラジェネリック処方

威哥王ジェネリック処方は保険診療ではないので薬価はありません。そのため病院やクリニックなど医療機関ごとに販売価格が違います。また診察料や再診料、処方料がかかるクリニックもありますので必ずご確認ください。ユナイテッドクリニック東京各院では2014年6月よりバイアグラジェネリックの処方を開始いたしました。購入費用は薬剤費のみで診察料や処方料などは頂いておりません。東京、埼玉、神奈川など最安値で処方させていただきます。仙台、大阪、名古屋、福岡など様々な地域からご来院頂いております。
バイアグラジェネリックの通販・個人輸入代行は偽物に注意!

バイアグラジェネリックなどのED(勃起不全・イーディー)治療薬を受け取るには医師の処方箋で院外の薬局から受けとるか院内処方によりクリニック・病院内で薬を受け取るか、どちらかとなります。国内では日本のED治療薬の通販は禁止されており、国内の病院・クリニックが診察なしで医薬品を郵送することも違法で処罰されます。薬局や販売店での医師の処方箋なしでの販売も違法です。

海外製ED治療薬の通販(個人輸入・輸入代行)に関しては法で認められています。但し錠数の制限があることと、流通の際に偽造品が混入してくることが問題視されています。インターネットでの個人輸入の際に60%程度に偽造品が混入すると言われています。格安・激安で口コミ(2ch・体験・体験談・レビュー)で評判・評判が良くても安心できませんのでご注意ください。

海外製ED治療薬には誤解も多いのですが海外製品が粗悪なのではなく、きちんとした流通経路で正規の薬剤を入手できないことが問題なのです。個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に難しいうえに、内服することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。

クリニックや病院など医療機関では医師が管轄の厚生局(厚生労働省の出先機関)の承認を得て、薬監証明を取得すれば本物の海外バイアグラジェネリックやそれ以外の海外医薬品(正規品)を入手・処方することが可能です。ユナイテッドクリニック東京各院ではきちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

1 Follower
Comments