ストレス性疾患:不妊症」の内容とも被りますが、男性側の不妊症として無精子症と並んで問題となるのが
By fhaoipeuroar Follow | Public

04-17.ストレス性疾患:不妊症」の内容とも被りますが、男性側の不妊症として無精子症と並んで問題となるのが「インポテンツ」です。インポテンツは勃起障害の事で、精神的な要因が非常に高い疾患です。インポテンツになるとセックスそのものが出来なくなってしまうので、妊娠を望んでいる夫婦にとっては大きな問題です。

精神的な要因が高いインポテンツですが、加齢や必須ミネラル不足からくるケースもあるので、原因別のインポテンツとそれが心身にどのような影響を及ぼすのかについて説明していきましょう。
ストレスとインポテンツ
黒蟻王は激安通販で購入当店のホームページ http://www.strong-one.net/seiryokuzai-58.html

勃起とは自律神経の働きによる生理現象の一種で、性的な興奮や極端な興奮状態を覚える事で脳下垂体が刺激され陰茎(ペニス)の海面組織に血液が送られ勃起状態になります。勃起状態は射精を助けるために起こる症状であるのと同時に前立腺内の男性ホルモンの働きを活性化させるという役割があると考えられています。

これまでにも説明してきた通り、精神的なストレスは自律神経に深刻な悪影響を及ぼし、それは脳下垂体へも同様の悪影響を及ぼすと考えられています。脳下垂体に異常が生じると性欲が減退して、そこにストレスによる血流障害が加わるとインポテンツを発症しやすくなると考えられているのです。ペニスへの血流量が低下すると精巣で男性ホルモンが作られにくくなるので、交感神経の働きが鈍り意欲の低下や無気力感、易疲労感などのうつ状態を生じやすくなります。
栄養不足によるインポテンツ

精力剤や滋養強壮を謳うサプリメントには亜鉛、マグネシウム、アルギニンなどの成分が多く含まれています。これらの成分は全て男性ホルモンの働きを活性化させるということが分かっています。亜鉛やマグネシウムは必須ミネラルと呼ばれる栄養素で、不足するとインポテンツや精力減退以外にも味覚障害や精神疾患、抜け毛などを誘発することが知られています。(逆に過剰摂取は発ガン性や抜け毛などを誘発する事が指摘されています)これらの必須ミネラルは日本人では不足しがちと言われていますが、特に亜鉛とマグネシウムは吸収率が悪く、食事で補うためには動物性たんぱく質やビタミンC、クエン酸などと一緒に摂取する事が望ましいとされています。
威哥王は激安通販で購入当店のホームページ http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

必須ミネラルや亜鉛、マグネシウムはサプリメントとしてドラッグストアやコンビニエンスストアで簡単に入手出来ます。普段から不足しがちなミネラルはサプリメントで補うことをお勧めしますが、摂り過ぎも却ってマイナスなので、一日の摂取目安量を超えないように心がけましょう。このように栄養不足によるインポテンツの場合は補給する事で解消される見込みが高い症状になります。
インポテンツが及ぼす悪影響について

インポテンツを一言で言えば「男性生殖器の機能不全」になります。これは勃起不全だけでなく前立腺の機能低下を招き、男性ホルモンの産生量不足からくるうつ状態や精神的な疾患の他、排尿障害や無精子症、前立腺肥大症、前立腺がん、精巣がんなどの二次的な症状のリスクを高めてしまいます。

特に排尿障害が進行すると毒素や老廃物の排泄がうまく行かずに尿崩症や尿毒症などの危険な病気、あるいは腎機能障害、慢性腎不全などの重篤な病気を招く危険性があるので注意が必要です。
インポテンツと整体

勃起とは興奮を覚える事で起こる生理現象ですから、リラクゼーション効果の高い整体とは相反するような印象がありますが、自律神経の狂いを健康な状態に戻すためには交感神経と副交感神経のスイッチングがスムーズに行なわれることが不可欠なので、整体によって血流量を上げ、副交感神経の働きを促す事は交感神経の活性化にも繋がることになります。

またインポテンツは日常とは違う刺激を感じる事で症状が改善する場合もあります。気功法やアーユルヴェーダ、ヨガストレッチなど体の中の気の流れを調整する事で症状が改善するケースもありますので、勃ちが悪くなったと感じた場合は年齢のせいにせずに整体を試してみる事をお勧めします。

1 Follower
Comments