株式会社工場経営研究所 /改善活動で現場力を呼び起し、コア技術深耕・強化に挑戦する仕組みを半年でつくるコンサルティング
By 工場経営研究所 Follow | Public

中小製造企業の工場経営者、工場幹部、管理者の方々へ、現場で10年使える仕組みづくりのご支援をしています。
儲かる工場経営の仕組みづくりです。
生産管理と動機付けの手法を組み合わせた、弊社独自のプログラムでご指導しています。
10年ロードマップ戦略プログラムは、中小製造企業向けに特化した、現場のやる気を引き出すことに焦点を当てた、生産管理で現場に”生産の流れをつくる”独自のメニューです。人と技術を生かします。生産管理の仕組みをつくり、改善活動とコア技術深耕・強化を現場に定着させるのです。収益力を150%アップさせる仕組みを6ヶ月でつくりあげます。
流れ分析でムダを抽出し、製品・生産分析で現状を把握します。当社独自の分析手法で、コア技術深耕・強化の課題を明らかにします。
カイゼンテーブルと各工程指標フォロー表で儲ける力を見える化し、”将来投資“の原資を獲得します。
そして、経営者が思いを込めて“将来投資”を組み立て、NO1、ONLY1のコア技術を強化して、持続的な競争優位を確立するのです。
5年先、10年先の見通しを示して、若手人財のやる気を引き出し、発揮されずに眠っていた現場力を呼び起こします。
10年ロードマップ戦略の最終目標は、イノベーションを日常化させた儲かる工場経営を次世代へ引き継ぐことです。
このグループでは、儲かる工場経営をテーマに工場経営者、工場幹部、工場管理者、実務担当者の役に立つイベントを開催します。