GPS発信機が取り付けられている
By すま Follow | Public

電波を発生するものなら、何でも電波障害を起こす可能性があります。雨が降ったときに衛星放送の写りが悪くなることがあります。これは、衛星放送を受信できないジャマーマイクロ波が雨によって吸収されてしまうためで、故障ではありません。大雨の日だけ衛星放送の写りが悪くなるという場合は、電波障害ではありませんので注意しましょう。 付近一帯に電波障害が起こっているかどうかは、なかなか確かめにくいかもしれません。友人の話ですが、友人の車に発信機を付けられています。GPS発信機を車に取り付けることで位置情報が分ります。もしくは発信機からの電波発信を妨害する機器が存在すると本サイトで知りました
http://www.probuycheap.com/jamming-equipment/c-2.html
車外に車両追跡発信機をつけられた場合、電波の出ている発信機ならば、発見器で発見できると聞きました。迷惑な電話や医療機器への影響を考えて携帯ジャマーが使われています。携帯電話の電波をジャミングする装置で、免許を取って使用しなければなりません。そしていま、GPS追跡からも逃れられる電波妨害機が登場します。携帯電話ジャマーには周波数帯ごとにアンテナ8本とスイッチを装備。GPSのみを遮断してGPS追跡機を妨害するという使い方もできます。「無線LAN機能」搭載モデルなら、スマホ経由で更新データをGPSレーダー探知機に転送できます。庭先のガレージなどWi-Fiが使える場所なら、情報の自動更新も可能です。
 http://www.probuycheap.com/mobile-phone-jammer/c-2_22.html
警察や探偵が使ってるGPS発信機は、GPSと携帯電話基地局の情報を元に位置を割り出します。なので、GPSと携帯電話の電波を妨害すれば、位置を割り出す事は不可能になります。デジタル盗聴器を無力化するには、目視で探し出し取り除くか、電波を妨害し盗聴できないようにするしかありません。この装置は、携帯電話やGPS装置と同じ周波数を発生させることによって、電波を妨害します。発信機は、GPS衛星からの電波を受信するだけです。電波を送信はしていません。
http://www.probuycheap.com/wifi-jammer/c-2_24.html
GPSは、衛星から位置情報を取得する技術で、スマートフォンに搭載される程普及しています。プライバシーを侵害しないGPSの使用が大切です。GPS発信機は、車に取り付ける方法が有効的で、対象にバレる心配はありません。GPS妨害機が発生している場合は、発信機からの信号は途絶えますが、一般的にこの状況は限定されます。GPSの信号が途絶える確率は高まります。信号の発信頻度によりますが、常に記録を続けている時は、直前の位置を特定出来るので問題ありませんん。詳細な位置は、現代の技術でも特定する事が難しいので、大まかな方角や通行ルートに限られます。
http://www.probuycheap.com/gps-jammer/c-2_26.html
以前の車のときから感じていたが、私の車にGPS発信機が取り付けられているのではないか?私がどこかへ出かけ、車を止めておくと、その場所が何者かに把握されているのではないかと感じることが何度かあった。GPS発信機が付いていないかをチェックしてもらった。整備士は両手で持つほどの大きな探知機で車の周りをチェックしてくれたが反応はなかった。電波を妨害するwifi ジャマーというものを最近気になっていていくら高性能のGPSでも防犯対策として買っているものでも電波障害が起きれば無駄なあがきに過ぎないと知人に言われたので、高性能を買われたなら不良品に思わせてしまえばいい、そう言われました。

1 Follower
Comments