香水とは?フレグランスとは?
By aoeuorarar Follow | Public

香水とは?フレグランスとは?

メーカーによって違う分類の仕方をしているところもありますが、香水の種類は、通常下記の4種類に分類されることが一般的です。「香水」とは厳密には濃度が一番高い「パルファン」を指しますが、パルファンからコロンまですべてをひっくるめてさす場合もあります。また「フレグランス」とは、香水(法的には化粧品に属し薬事法の管轄下になる)を含めルームフレグランス(法的には雑貨)などの幅広い香りモノ商品を指します。

特別な意味がある香水、パルファン

惚れ 香水パルファンからコロンまでの違いは、たんに香料の濃度(賦香率)が違うだけでですが、どのメーカーも「パルファン」をそのメーカーのその商品ラインの最上級フレグランスに位置づける傾向があるため同じプロダクトラインながら、賦香率が違うだけでなくオードパルファンよりパルファンに方にグレードの高い原料を使用するところもあるといいます。こんへんは企業秘密なので聞いても教えてもらえないケースがほとんどです。

「オーデ」の意味

またオーデコロンやオードトワレの「オーデ」(Eau de)はフランス語で「水の」(Water of)という意味です。香水の原料は通常(エタノール、水、香料)です。香水全般を昔は「○○の水」という言い方のつもりで「オーデ○○」と呼んだことがその発祥と推測されます。

たとえば、オーデコロンの本来の意味は「ケルンの水」です。ナポレオン時代、ドイツのケルン(コローニュ)で売り出された薄目の香水がその起源です。またオードトワレは「化粧室の水」または「お化粧のとき使う水」くらいの起源で始まった言い方でしょう。

英語圏でも「香水」という意味になった「オーデ」

先ほど、オーデの意味は、本来「水の」(Water of)と解説しましたが、現在では、「水」以外にもこれだけで「香水」を意味するようになりました。これは英語圏でも使われています。

たとえば、英国の香水メーカーが「Eau de London」という製品を出したとします。欧米圏の人々の印象は「ロンドンの水」という飲料水が出たのではなく、「ロンドンの香水」という名の香水が発売されたと理解する人が圧倒的に多いでしょう。もし飲料水なら、おそらく「Water of London」えお命名した方が自然です。

実際、黒蟻王を最安値通販香水という意味で英語圏では「Eau de ○○」という製品はいろいろ多いようです。

薄いという意味のオーデ

「オーデ」や「オード」が付くとやや水っぽい印象があるため通常は濃度がやや薄いことを意味します。「オードパルファン」が「パルファン」より濃度が低いのはそのためです。
威哥王の正規品通販保証

また「オードトワレ」や「オーデコロン」をたんに「トワレ」や「コロン」と呼ぶことがあります。それには2つの可能性があります。ひとつはオードトワレやオーデコロンを単に短く略して呼んでいる、もう一つの可能性は厳密にトワレやコロンは、それぞれオードトワレやオーデコロンより濃度が高いという意味を込めて使用されているケースです。

1 Follower
Comments