新発田子育て応援団byストライダー
By 新発田子育て応援団事務局:クラウドライフズ・ジャパン Follow | Public

目的趣旨「ストライダーの街新発田」創造
ストライダー(ランバイク:以下RB)を通じて子育てや子供のスポーツを楽しんでもらえるように、コミュニティ、ネットワークやイベント、安全講習、などを企画運営する

1、誰でも気軽に参加できるようにする
2、SNS、Webを中心にした新発田RB情報ネットワークを構築する
3、RBをより多くの人へ広め子育て、スポーツ能力向上を支援する
4、行政活動と協調し子供たち、子育て世代を支援する

事業内容(案)
定期的なRBキッズが集まれる場を創造する(初心者向け、経験者向け、熟練者向け)
切磋琢磨できるレースなどを企画運営する
より多くのRBキッズを創造するきっかけづくりイベントを行う
RBの安全走行を教育支援する(会員は必修受講)
市内のRB公認走行の場(公園など)を調査分析し認定する
新発田RBキッズ(仮称)を認定する(誓約書)

会員募集
RBキッズとその保護者(一般会員)
プレRBキッズとその保護者(プレ一般会員)
団体の趣旨に賛同する個人及び企業(賛助会員)
団体の趣旨に賛同し協賛する個人及び企業(協賛会員)
新発田市(特別賛助会員)

イベント等計画
全国大会(エンジョイカップ及びRBJ)を誘致活動及び運営支援
新発田市役所札の辻広場でのオープンRB練習会(特に冬場)の開催(月二回土日、及び平日夕方数回)※初心者向け、上級者向けを分ける
初心者向け運動会形式を企画運営する
行政イベントと連携し「RBの街新発田」をアピール

組織体制
会員による運営委員会を設置(初期は有志で)
運営委員会にはRBキッズ保護者を中心とする
委員会には一般会員、賛助会員、協賛会員、特別賛助会員及び必要とされる有識者を委員とする
委員会には事務局を設置する(クラウドライフズ・ジャパン)

協賛体制
協賛企業を募り協賛企業はWebページで広報する
協賛企業は年度協賛一口1万円とする(口数は最大10口とする)
協賛企業は当団体の会員へ商品開発(アンケート等)、広報活動への支援を依頼することができる
協賛企業は会員へ向けた情報発信を行うことができる
協賛企業は団体とコラボレーションイベントを企画運営することができる