光学ドライブ
By laseronsa Follow | Public

レーザーポインター レッドのクラス

レーザー彫刻機発振機自体は、クラス値や最大出力値が波長とともに機器に表示されている。クラス値や最大出力値によって光強度が、波長によってレーザー光の色がそれぞれ判断できる。
http://www.laseronsale.com/laser_stagelight/p-7146.html
クラス1
概ね0.2mW(単位:ミリワット)前後の出力。100秒間瞬きせずに直視しても問題無いとされる。光線の波長によって出力制限が異なる。後述のPSCマーク認定レーザーポインター、主に玩具用。

クラス2
1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされる。PSCマーク認定レーザーポインター緑小型、主にプレゼンテーション用。

クラス3A
法規制以前に販売されていたレーザーポインターレーザーサイトなど。直視してしまっても瞬きなどで回避できる場合がある。望遠鏡などで直視した場合は目に致命的な損傷を与える。
http://www.laseronsale.com/laser_stagelight/p-7118.html
クラス3B
500mW以下の出力。光学ドライブのレーザーがこれにあたる。光線の直視はいかなる場合でも避けなければいけない。

クラス4
クラス3Bを越える出力。直視だけではなく、拡散反射でも目に悪影響を与え、やけどなどの皮膚障害を起こす。温度上昇により照射部分が発火することもある。レーザーショー向け。

レーザーと光ファイバ通信システムの使用はシングルモードファイバを1550nmのためのCDRH規格によれば、ファーストクラスの製品の出力電力は500ミリワットは4年生でより大きく、8.5mW以下にする必要があります。 IEC規格によれば、レーザおよび光ファイバ通信システムの使用は、シングルモードファイバの1550nmのために、10mWの出力パワーの最初のクラスの製品は、より少ない、及び50mWのが3未満であるべきで、500mWの第四級よりも大きいです。
光通信システムにおける光ファイバ増幅器の導入後、その使用の200mwグリーンレーザーポインター製品の放射線の安全性などの通常の半導体レーザパワーよりも大きいので、光ファイバ増幅器の出力は、すべての人の注目されています。光通信システム、また、G.691、Gとして勧告の一部では、アカウントにレーザーの安全な使用をしながら光ファイバ増幅器(波長分割多重)標準を使用して、レーザー手袋特にシステムの開発でITU(ITU-T) 692などG.664、G.957は、IEC825関連する定義と手順を導入しています。
一方、システム内のシステムデバイスの光安全レベルとセキュリティレベルは同じではありません。よく設計されたシステムは、そのデバイスによって引き起こされる傷害を避けるために良いことができて、悪い設計されたシステムは、デバイスの傷害がより深刻になる恐れがあります。
そのため、デバイスの仕様に対応するIECとCDRH規格を参照することに加えて、だけでなく、セキュリティのシステムレベルから、光通信システムにおける連合の安全性を考慮した場合は、提案されたALS、4月、APSDの概念を検討してきました。

1 Follower
Comments