株式会社シンカ
By Saya Nakazawa Follow | Public

”人材業界のパイオニアとして、類を見ないトータル・コンサルティング・サービスを


 シンカが誕生したのは1995年。当時、人材業界には「広告」というビジネスモデルしかありませんでした。しかし、採用を成功に導くためには「すべてのプロセスにおいて企業をサポートすることが重要だ」とシンカは考え、事業をスタート。深くお客様企業を分析・理解し、あらゆる手段を使って採用活動を支える、という独自のサービススタンスで多くのお客様から信頼と共感をいただき、今日まで事業を継続させることができました。

 近年、採用業界には細分化・専門化したサービスを行う企業が増えてきました。しかし、採用活動は、募集や選考、フォローといったフェーズごとに分解して考えるべきではない、と私たちは考えます。企業の未来を支える人材を獲得するための採用活動は、企業にとってのゴールの決定から始まります。ゴールとは、採用した人材が成果を上げ、企業が成長すること。そう考えると、採用活動は決して1年で終わるものではないのです。だから私たちは、もっと広い視野と多くの専門性の両方を兼ね備えて、企業をサポートしなければならないと考えています。

 この考えは、シンカが誕生した当時から変わりません。企業の成長を、人材から達成する。それが真に価値あるサービスであると考え、シンカは歩んできました。創業時と現在で違うのは、これまで蓄積されたノウハウと情報があること。今では採用の枠を超えた、より広い視野・分野から企業成長を実現することが可能となりました。今後、シンカが提供するのは、「企業経営を見据えた人材マネジメントのトータル・コンサルティング」。お客様とゴールへ、さらにその先へと向かうために、私たちは真価を追い求めます。そうしてお客様とともに進化し合える関係を構築することこそが、私たちの持つ真価なのです。