"more EAR"
By shiono hiromi Follow | Public

南国・九州は鹿児島に拠点を置き、九州は元より全国各地のアンダーグラウンドスポットでプレイする"HAEO"のセルフプロジェクトである【more EAR】。

2016年4月三軒茶屋"天狗食堂"での開催に続き2度目の東京開催は、青山のアンダーグラウンドクラブ【Ø ZERO】にて開催。

鹿児島【TIMELESS】にて毎週木曜日の一晩を一人でメイクしているフィーリングをそのままに、今回は東京を拠点に多方面で活動している鹿児島出身のDJをフューチャーし、幅広くダンスミュージックに特化した一夜をお届けする。
九州のアイデンティティーと【Ø ZERO】の芳醇なサウンドシステムとの融合を是非この機会に体感して頂きたい。

*尚、ご来場者先着20名様には"more EAR"特製缶バッジをプレゼント!!

“HAEO” (SLAW./more EAR/SIDE C/Land Jam)
南国は鹿児島出身。
90年代半ばより音楽との関係性が親密化し、96年よりDJとしてのキャリアがスタート。
HIP-HOPやBREAK BEATSに初期衝動を覚えるも、当時自宅の真下にあったレコードショップでハウスミュージックに出会いダンスミュージック全般に魅了される。
一時拠点を東京に移すも、地元鹿児島で2003年より始動したマンスリーレギュラーパーティー”SLAW.”を軸に、あらゆるパーティーのオーガナイズと平行して大小屋内外様々な土地でプレイ。
2013年からは多角的に展開しているセルフプロジェクト”more EAR”を始動させ、毎週木曜日のライフワーク(TIMELESS 鹿児島)でのプレイを軸に、WEB上でのライブストリーミング番組運営や様々なロケーションのBGMプログラムの製作など、ダンスフロア以外での幅広い音楽普及にも注力。
自身で設立した【HOUSE TRIBE MUSIC.】では代表として、機材のメカニックからサウンドコーディネートまでを手掛け、より良質な音楽を日々探求している。
http://www.moreear.net/
http://www.housetribemusic.com/
———————————————————————————————————-
“NAOKI”
【SECOND SUMMER OF LOVE】で世界中を駆け巡りDETROITの不朽の名作と言われた”Strings of Life”を10代で耳にし”DERRICK MAY”に感銘を受けDJをスタートする。
その後、今はなき”渋谷module”や”代官山AIR”でレギュラーパーティを持ちキャリアを積み、DETROIT MUSICに傾倒し”DERRICK MAY”のHi-TEK-SOULのサポートをはじめDETROITアーティストのパーティをサポートしている。
今、現在は”代官山saloon”で不定期開催している【R406】の”YONENAGA”主宰の【R.S.A】などに出演している。
———————————————————————————————————-
“KOUKI.K” (Vinylism)
地元鹿児島にてDJ活動を開始し、”Idjut Boys”をはじめ海外の様々なDJや国内の多数のDJ達と共演を果たすなど精力的に活動中。House,Techno,Disco,Soul,Funk,Rock,Reggae,DubStep,etc…など雑食性を持ち合わせ、それらを自由自在に操るプレイスタイルは聴く者の感情をコントロールし、繊細かつ大胆に空間を創りあげていく。2009年より東京に移住し、現在は偶数月第三金曜に”渋谷KOARA”にて開催中の【Vinylism】を軸に、様々な場所で一夜を演出している。

————————

“TAKUMA”
本土最南端は鹿児島でDJとしてのキャリアをスタートさせ、音楽的欲求に身任せ上京。ストリートに根ざしたサウンドをルーツに置きながらも、前衛的なダンスミュージックにも触手を伸ばし独特のグルーブを構築。尖ったサウンドから弾力のあるサウンドまでをスキルフルに操る様には定評がある。都内各地でのプレイの場も着々と広がりをみせ、より深くシーンに根を張っている。