ビリーブのじかん
By Madamu Follow | Public

活動内容:
ビリーブは、最愛のお子さまを見送られたご家族の支援にあたるチームです。チームのスタッフは、過去に子どもを亡くした母親たちです。ご自宅を訪ねたり、希望される場所でゆっくりとお話をうかがう活動をしています。どのようなお話をなさってもだいじょうぶです。秘密も守られます。

対象:
お子さまを亡くされた方であれば、どなたでもご利用いただけます。基本的に小児科で亡くされた方が対象ですが、まだ独立されていないお子さまであれば、年齢の制限は設けていません。亡くなった経緯も限定しておらず、病気だけでなく事故で亡くされた方も対象にしています。地域は、大阪府とその近郊を、できるだけ広範囲に訪問しています。

費用:
無料です。ビリーブは無償で活動していますので、依頼者にかかる費用はありません。交通費は、プロジェクトから(ご寄付から)支給されています。

名称の由来:
「ビリーブ」という名前は、英語のbelieve(信じる)から生まれました。わたしたちが信じるのは、人のもつ回復するちからです。子どもを亡くすということは、受け止めきれないほどつらく苦しいことですが、わたしたちも、さまざまな支えや見守りのなか、自分に必要な時間をかけて、自分の足で立ち上がってきました。これから出会う方々も、回復のちからは、ご本人の内側にあるのだと思います。ただ、「あなたは一人ではない」ということが伝わるだけでも、このチームが存在する意味はあるかもしれないと考え、ビリーブは活動しています。

理念:
「ビリーブ」のスタッフは、同じ思いを経験したもの同士だから、分かち合えることがあると信じて活動しています。また、安心して出会っていただけるように、そして出来る限りの支援ができるようにと、毎月の研修を重ねながら研鑽を積んでいきます。

依頼方法:
訪問のご依頼は、事務局に電話でおねがいいたします。事務局のスタッフが承り、ビリーブの責任者が折り返し電話をさせていただきます。「安心して語り合える仲間がいれば」「じっと耳を傾けてくれる相手がいてくれるなら」そう思われた時、電話してください。ビリーブのケアは、無料で受けることができます。(※)医療従事者の方が、ビリーブのリーフレットをご遺族に渡していただける場合も、事務局にお電話くだされば病院にお送りいたします。(TSURUMIこどもホスピス:電話06-6991-9135 営業時間10時~17時 休日:火・水)