TOKYO着物学
By Emi Hanamura Follow | Public

新しい着物の楽しさを追求していこうという目的で始まった、自由大学の講義・東京KIMONO学。講義に付随したイベントも開催していきますので、ぜひチェックしていってください。
▼自由大学「東京KIMONO学」
https://freedom-univ.com/lecture/tokyo_kimono.html/
▼9月18日まで第二期の募集を行っています。
日程
第1回:9月25日(日)13:00-14:30
第2回:10月2日(日)13:00-14:30
第3回:10月16日(日)13:00-14:30
第4回:10月23日(日)13:00-14:30
第5回:10月30日(日)13:00-14:30

「心踊るあなたスタイルの着物ライフを始めよう」
着物を着て街に出るとぐっと視線が集まります。どうせなら自分らしく着こなしたいもの。ジャンル違いだと思っていた帽子やサングラス、スニーカーやリュックを組み合わせてみるのも楽しいし、半襟、帯揚げ、帯留め、着物小物をDIYで作ってしまうのもいい。講義では着てみたい実家にある着物たちや、毎年着ている浴衣も、新たにお気に入りスタイルにするためのアイデアを編みだしていきます。

「KIMONOは最もCOOLな衣服である」
いま私たちは大量に生産され消費される衣服より、丁寧にこだわって作られた個性的で物語のある衣服を求めています。着物はそういった衣服に求める要素を多く叶えています。例えば祖父母や両親も着た着物を受け継ぎ着ることは、大量生産大量消費へのあなたの違和感を代弁してくれるでしょう。そして合わせる帯や小物でどんな表情にもなる余白の大きさには既成品の洋服にはない表現の自由度があります。あなたが洋服に求めている何か、は着が叶えてくれるかもしれません。