Creative studio -スタンフォード大学 d schoolのデザイン思考をベースに創造性を引き出すワークショップ-
By Ayako Okamoto Follow | Public

“アイデアや創造性を引き出すには?”
“浮かんだアイデアを提案したり、実現するにはどうしたらいいだろう?”
“顧客のニーズや本音を十分に知っているだろうか?”

あなたは本当の自分の可能性をまだ知らない。誰しもが本来、創造性を持っていて、自分の力で引き出すことができます。 創造性を引き出し、発揮していくプロセス「共創と空間のしかけ」を試してみませんか?

通常のアイデアソンとは異なり、創造性を引き出すためのしかけ(※1)が組み込まれたイベントです。『体験』を通して、『眠っている創造性のポテンシャルを引き出す』気づきのきっかけを提供します。

こんな方におすすめです。
□デザイン思考を体験したい
□リーンスタートアップに興味がある
□新しい働き方に興味がある
□現状の働き方に課題を感じている
□斬新なアイデアを引き出す方法がわからない
□研修や共同作業で今よりアウトプットを出せるようになりたいが、どう良くすべきか判らない
□ITを活用したアイデアソンに興味がある
□普段の仕事や生活とは異なる新しい視点や気づきを得たい

(※1)
スタンフォード大学Designスクール(dスクール)が教える「デザインシンキング」のメソッドを導入。なぜ今、デザイン思考なのか?米スタンフォード大学のd schoolで研究され、東大や慶応大でもイノベーションに関してデザインに着目ています。その理由は、今までのやり方では解決できない問題がたくさんあり、新しい発想が求められているから。デザイン思考とは、問題解決を導く斬新なプロセスなのです。

【内容】
・アイスブレイク
・インプットミニセミナー
・チームビルディング
・実践型ワークショップ(創造性を引き出すためのしかけ込み)
・プロトタイピング(紙芝居、寸劇や簡易なクラフトでアイデアを形に)
・発表、振り返り