HOWL
By SOUND&BAR HOWL Follow | Public

究極に心地よいサウンドとアート/DJ/ライブを楽しめるBar 「HOWL」
OWL(フクロウ)にHをつけた、「叫ぶ」という名を冠したBar 「HOWL(ハウル)」。
名のとおり、究極に心地よいサウンドを楽しむべく、空間を完成させたのは3人の巨匠。建築音響の霜田英麿氏による拡散・吸音・反射の設計要素をバランスよく計算し尽くし、組み合わせた空間に、真空管アンプの小松音響研究所、飛騨の木工会社:Oak Village社の協力のもと、スピーカー設計のYosi
Horikawa氏がコラボレーション、アコースティカルデザインな空間に仕上がりました。音を純粋に楽しんでもらうために、内装もインテリアも黒色に統一しています。心地よいサウンドとお酒を楽しめるBarでもあり、時にはアート/DJ/ライブイベントを楽しむ場にも。