2016 日米医療機器 イノベーションフォーラム in 広島
By 医工連携推進PT Follow | Public

日本の医療機器ビジネス醸成の為,政府関係組織,大学,医療機関,企業が協力し,各県で医工連携の取組を進めている。
一方で,医療機器の輸入比率は年々増加し,貿易赤字も増加の一途を辿っている。

本フォーラムでは,広島県,岡山県,山口県,各県の取組・現状から,日本医療機器ビジネスの課題,障壁を明らかにし,世界最大の医療機器市場にして,最大の生産国である米国のBiodesign手法の適用,日米のタイアップによる解決法を,具体的な成功事例を挙げながら議論する。

参加お申込みは下記フォーラムHPよりお願い致します。
■フォーラムHP■
 http://www.jp-us-mdif2016.com/

~フォーラム概要~
【日時場所】
■日時:平成28年10月19日(水)
    10:00~18:00 (懇親会18:00~19:30)

■場所:広島国際会議場「ヒマワリ」(日英同時通訳有)
     (http://www.pcf.city.hiroshima.jp/icch/access.html)

■住所:広島県広島市中区中島町1-5

■参加募集人数:500名 (お申込みはお早めに!)
      (お申込みはフォーラムHPよりお願い致します。
      フォーラムHP:http://www.jp-us-mdif2016.com/)

■参加費:無料

■主催:
 US-Japan Medtech Frontiers
 日米医療機器イノベーションフォーラム実行委員会(仮称)
  (広島県、ひろしま産業振興機構、中国経済連合会)

■後援(予定):
 経済産業省,日本医療機器産業連合会,
 医工連携推進機構,岡山県,岡山大学,山口県,山口大学,広島市,広島大学 他

【当日プログラム(※2016.5時点情報。変更の可能性あり。)】

9:00  開場・受付開始

10:00 主催者挨拶
        湯﨑英彦 (広島県知事)
        Jack Moorman (Chairman,US-Japan Medtech Frontiers)

10:20 基調講演:米国における医療機器イノベーションの概要(シリコンバレー,ミネソタ,ボストン等)
        石井正純 (AZCA Venture Partners)

10:40 休憩

10:50 パネルディスカッション1:各県連携医療機器グローバル展開
        座長:石井正純 (AZCA Venture Partners)
        パネリスト:
          1)広島県
          2)岡山県
          3)山口県
          4)広島大学
          5)岡山大学
          6)山口大学

11:45 パネルディスカッション2:破壊的イノベーション
        講演者:調整中         

12:15 昼食

13:10 再集合

13:15 パネルディスカッション3:日本における医療機器イノベーションの未来
        座長:US-Japan Medtech Frontiers  Ken McDonnel
        パネリスト:調整中

14:15 休憩

14:25 パネルディスカッション4:米国と日本の連携投資
        座長:Wilson Sonsini Goodrich Rosati Elton Satusky
        パネリスト:調整中

15:25 休憩

15:35 パネルディスカッション5:日米連携による成功事例
        パネリスト:調整中

16:30 休憩

16:40 パネルディスカッション6:地域課題の解決につながる次世代ヘルスケア産業の創出
        座長:経済産業省 ヘルスケア産業課長
            スタンフォード大学 池野文昭
        パネリスト:ヘルスケア関連企業の内4~5社。

17:40 閉会の挨拶
        中尾浩治 (一般社団法人 日本医療機器産業連合会 会長)

17:55 懇親会
      (国際会議場内 レストランセレナーデ) 
       ※参加希望の場合は,会費5,000円当日徴収となります(申込み時に選択要)。

19:30 終了