カンポ・ヴィエホ ジャパン
By Jacob's Creek Japan Follow | Public

カンポ・ヴィエホは、販売数量と販売金額の両方において世界で最大のリオハ産ワインブランドです。Campus Veteranus 「キャンパス・ベタラナス」という場所にちなんで名付けられた「カンポ・ヴィエホ」はスペイン語で「古い畑」を意味します。カンポ・ヴィエホは、1959年にべリスタインとオルティギュラ優秀な2人のワインメーカーによって創設され、1961年に最初のワインが出荷されました。1969年には、ラ・リオハ県の首都、ログロニョ郊外に最新設備のワイナリーを建設し、カンポ・ヴィエホは、リオハ地区の革新をリードするゆるぎないリーディングワイナリーとなりました。2001年より稼動しているカンポ・ヴィエホの斬新なワイナリーは、ログロニョの近くにある高原に位置しています。このワイナリーのモダンな建築は、リオハにとって画期的で、地域の革新性を物語っています。ワイナリーは建築に間する様々な賞を受賞し、世界で最も美しいワイナリーの1つと評価されており、リオハの風景の中に溶け込み、地下部分は緑に覆われ、54ヘクタールのブドウ畑に囲まれています。