対人恐怖症 /視線恐怖・脇見恐怖症から抜け出す方法を学び、実践するセミナー
By ふうこ Follow | Public

今回のセミナーは私ふうこ(ニックネームで失礼します)自身が2月に東京で行われたセミナーを体験し、20年の脇見恐怖症状の暗く長いトンネルから光が差し込み、一歩二歩歩き出せていると実感しています。 是非この機会を多くの仲間に渡る様にと講師をお招きし、岡山での開催の流れとなりました。西日本で初めてです。この機会を生かして頂けたら大変嬉しく思います。

以下は前回行われた東京セミナーの内容を抜粋させて頂きました。ご参考下さい。

症状に6か月以上悩んでいる方向けの、「いったい症状は治るのか?」との疑問やあせりが、「きっと治る!」と確信や希望に変わる3時間半


人とのつながりをあきらめたことはないですか?

対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症で苦しんでいる皆さん。
この症状本当につらいですよね。
人と接するのにものすごいエネルギーを使い、心身ともにしんどいばかりか、もしかすると仕事・学業・サークル・友人関係・恋愛など、人生のチャンスや人とのつながりを一部あきらめたり逃がしたりしたこともあったかもしれません。
もうホントいい加減どうにかしてほしい!そう叫びたい瞬間もあるのではないでしょうか。

6か月以上症状で苦しんでいるあなたに

そんな対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症で悩んでいる方にぜひお越しいただきたいセミナーを開催します。特に、6か月以上症状に苦しんでいるそんなあなた向けの講座です。

今回講師を務めさせていただく僕自身、この症状で相当な苦労をしてきました。
大学院やその他の様々な場所で最新の認知科学や心理学を学び、苦しみから解放されることができました。その後、カウンセリングコーチとして同じ症状で悩んでいる方のサポートを重ねてきました。その中で、症状から抜け出すための法則を見出し、それに基づいた克服プログラムを提供しています。
今回、学術的な理論と経験知を踏まえ、症状の苦しみから抜け出す方法を学び実践する講座を提供いたします。
対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症には共通のメカニズムがあり、共通の克服法があります。
「いったい症状は治るのか?」「この先も治らなかったらどうしよう」との疑問やあせりが、「きっと治る!」との確信や希望に変わる、そんなセミナーです。

こんなことを学び体験します

このセミナーでは、以下のようなことを学ぶことができ、体験できます。
心理診断テストによるセルフチェックと解説
症状が維持してしまうメカニズムと克服方法の理解
落ち込んだ時の感情をリセットするスキルの実習
オフ会の効果的活用方法
苦手場面克服オリジナルプログラムづくり
家族への伝え方・相談の仕方のコツ

得られることは?

そして、今回のセミナーでこれらを学ぶことで、
きっと、
なんで症状が治らずにいるのか理解できます!
克服に向かっての道筋が見えてきます!
疲れた自分を癒す方法がわかります!
相談しあえる仲間に出会えます!
この状況から抜け出すための最初の一歩を決めることができます!

専門家に理解してもらえたことはありますか?

このようなことを学べる機会、おそらくこれまで存在しなかったのではないでしょうか。
ご存知のとおり、精神科の医師や臨床心理士などいわゆる専門家の方々も症状のことをあまり理解していないのが実情ですもんね。
僕は当事者としての苦しみを体験しています。プロとして同じ症状で悩んでいる人たちのサポートを重ねてきました。まだ日本ではあまり知られていない認知科学や心理学の知見を学びました。幸いにコーチとして人々の認知や行動習慣の変化を応援することできますし、企業研修講師としてファシリテーションの経験も積んでいます。
そんな僕だからこそ提供できるプログラムなのかもしれません。だからこそあなたにお伝えする義務があるのかもしれません。

とはいえ、セミナーのプログラム作成や事前準備には相当な時間とエネルギーが必要ですよね…。本当に意義のある内容にすべく、本気で取り組んでいます。ですので、そうそう頻繁に開催することはおそらく難しいかもしれません。
ぜひこの機会を逃したり避けることなく活用してもらえたらとても嬉しいです。

人が集まるセミナー参加はちょっとハードルが…

対人恐怖症、視線恐怖・脇見恐怖症を抱える状況にあって、セミナーに出席したいと思ってもハードルが高いと感じてしまうこともあるかもしれません。
でも、大丈夫です。
今回のセミナーは「安心・安全」の場とすることを目指しています。
参加者は同じ症状で悩んでいる仲間だけです。申し訳ないですが、ご家族の方や、医療関係者の方などの参加はお断りさせていただきます。
と同時に、「楽しく学ぶ」が研修やワークショップを開催するときの僕のモットーなので、カジュアルに楽しめる場にすることもお約束いたします(とはいえ、時々スベることもあるかもしれませんがそこはご容赦を(汗))。
「うまくふるまえるだろうか」「迷惑かけないだろうか」「自分にはムリ」などと心配する必要はこのセミナーに限ってはありません。仲間うちだけの安心・安全の場に足を運んでみる。それこそが症状改善に向けた大きな行動なのです。あなたがもし対人場面が苦手でしたらこれ以上ない練習の機会かもしれません。チャンスを回避してはもったいない!そう思います。
ちなみに、ニックネームでの参加OKです。

一人で抱え込んでしまわずに仲間とのつながりを

これらの症状を抱える人の一般的な傾向として、責任感の強さやその裏返しとして他の人に頼るのが上手でないことがよく指摘されます。ついつい、「誰にも相談なんかできない」「自分で治さなければならない」と一人で抱え込みがちです。経験上も理論上も一人で抱え込んでしまうと、かえって症状は強まります。

どうぞ一人で抱え込まずに仲間とのつながりは保ってください。
頼れる場は活用してください。
今回は家族への伝え方のコツについても学ぶことができます。
相談しあえる仲間ができるような場を提供します。
早く対処することで、早期に抜け出すことも可能となってきます。
ここまで長引かせてしまっていたとしても、1日早く克服のきっかけをつかめば、それだけ早く症状にとらわれない人生を手に入れることができます。

これまでと違った成果を出すための秘訣…
症状克服のセオリーの一つは、Do something different です。
これまでとちょっと違った行動をとってみるからこそ、これまでと違った結果が生まれる可能性がでてきます。これまでと同じ行動ではこれまでと同じ結果のままかもしれません。
今回の機会、ぜひ活かしてください。


このセミナーを通じて、参加してくださったあなたが、症状の苦しみから抜け出すきっかけをつかみ、自由な人生を歩んでいけるようになることを願っています。
そして、症状のせいで自らの無限の可能性をあきらめてしまったり減らしてしまう人がゼロになる世の中が実現することを願っています。

あなたの参加をお待ちしています。
それでは会場でお会いしましょう。

追伸:それほど規模が大きくないセミナーです。お早めにお申し込みください。

◇◇◇◇セミナー詳細◇◇◇◇

【タイトル】
対人恐怖症/視線恐怖・脇見恐怖症から抜け出す方法を学び、実践するセミナー
―症状に6か月以上悩んでいる方向けの、「いったい症状は治るのか?」が「きっと治る!」と確信を持てるようになる3時間半―

【日時】
2016年 6月 18日(土) 13:30~17:00(13:10~入場開始)

※盛りだくさんのプログラムとなっており、時間どおりに開始いたします。早めのご来場よろしくお願いします

【会場】
  岡山国際交流センター 5階 会議室 3 
会場へのアクセス詳細はこちらhttp://www.opief.or.jp/oicenter/access.html

【参加費】
一般:3000円(税込み)
学生:2000円
【定員】
30 名(先着順)
※参加者の方が安心して学べる場とするため、症状で悩む当事者以外の参加はご遠慮ください。
【持ち物】
筆記用具 クリップボード 
飲み物等(ゴミはお持ち帰りお願いします)
 
【講師プロフィール】
カウンセリングコーチ 森昭一郎

人が成長し、幸せになることを応援したい。これが私の願いです。
教育制度など社会システムを整備することによりそれが可能になると考え、文部科学省にて仕事をしてきました。しかし、社会システムだけではなく、人の内側(=ココロ)に成長のための基盤が整っていることが大切であり、それでこそ人は幸せになれることに気づき、文部科学省を退職し、カウンセリング&コーチングオフィスKizkeyを創設。人が成長し幸せになるための基盤をココロにつくることを応援するため、認知科学・行動科学、アドラー心理学やマインドフルネスなどの知識をベースにしたカウンセリングやコーチング、企業研修等を提供しています。また、自身の体験及び専門的知識を踏まえ、対人恐怖克服プログラムを構築。対人関係の不安や恐怖に悩む人たちのサポートに力を入れています。
1974年生まれ。横浜市在住。
【主催者】
岡山県在住 ふうこ